新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大阪の司令塔「大阪急性期・総合医療センター」で集団感染!敷地内には大阪コロナ重症センター、医師や患者など13人

*公式HP
大阪府においてコロナ対策の司令塔として運用されていた「大阪急性期・総合医療センター」で、新型コロナウイルスの集団感染が発生しました。

大阪急性期・総合医療センターによると、今月に入ってから入院患者8人と職員5人の計13人が新型コロナウイルスに感染していることが発覚し、勤務している関係者の一斉検査を行っているとのことです。
最初に感染が発覚したのは12月3日に結果が判明した70代の入院患者で、11月下旬まで病院に6日間ほど入院していたと報告されています。

この施設は大阪府で新型コロナウイルス対策の最重要拠点と位置付けられ、センターの敷地内には重症者を受け入れる「大阪コロナ重症センター」が設置されていました。
それだけに大阪急性期・総合医療センターの集団感染報告は衝撃的だと言え、院内感染が拡大してしまうと、大阪府全体の医療体制にも大きな影響を与えることになりそうです。

 

新型コロナウイルス感染者の集団発生について
https://www.gh.opho.jp/pdf/covid20201209.pdf

大阪急性期・総合医療センターでクラスターか 入院患者や医師ら13人感染
https://mainichi.jp/articles/20201209/k00/00m/040/386000c

大阪府立病院機構が運営する「大阪急性期・総合医療センター」(大阪市住吉区)は9日夜、入院患者や主治医ら男女計13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。府やセンターはクラスター(感染者集団)が発生したとみて、濃厚接触者らのPCR検査(遺伝子検査)を進めている。
センターの敷地内では、府が15日から、重症者を受け入れる「大阪コロナ重症センター」を稼働させる予定になっている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!