新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

旅行が原因で感染拡大、英国の遺伝子解析で結論!スコットランド「第2波のパンデミックは旅行によって引き起こされた」


イギリスのスコットランド自治政府が新型コロナウイルスの第2波に関する研究調査を発表し、旅行が感染拡大を促進させたとの結論をまとめました。

研究チームによると、春の第1波と夏以降の第2波は新型コロナウイルスの遺伝子配列が異なっており、感染者から採取したウイルスの遺伝情報を分析した結果、第1波の新型コロナウイルスはロックダウン後にほぼ消えるも、それから夏の旅行経由で第2波のウイルスが国内各地に拡大したことが確認されたとのことです。
正確には旅行者が移動することで、それとやり取りした現地住民や関係者が感染し、夏季の旅行によってスコットランド全域に感染が広がったと指摘。

夏のバカンスシーズンでイギリスの国内外からウイルスがスコットランドに持ち込まれたとして、旅行と感染拡大に明確な繋がりがあると報告しています。

この調査報告を受けてスコットランド自治政府のスタージョン首相はクリスマスや年末年始の移動自粛を追加で呼び掛け、住んでいる街や都市を超えて大きな移動をしないように注意喚起を出しました。

日本では菅首相らが「感染拡大と旅行の関係にエビデンスが無い」と言及し、GoToトラベルキャンペーンなどを継続していますが、それもイギリスの調査報告で完全否定された形だと言えるでしょう。

 

Epidemic waves of COVID-19 in Scotland: a genomic perspective on the impact of the introduction and relaxation of lockdown on SARS-CoV-2
https://www.cogconsortium.uk/wp-content/uploads/2020/12/9th-December-2020-COG-UK-Report-Scotland-SARS-CoV-2-a-genomics-perspective-SAGE.pdf

Two new reports to SAGE on the genomic analysis of epidemic waves of COVID-19 in Scotland and Wales
https://www.cogconsortium.uk/news_item/two-new-reports-to-sage-on-the-genomic-analysis-of-epidemic-waves-of-covid-19-in-scotland-and-wales/

2つのレポートを読んで明らかなのは、2国間の調査結果の類似性です。彼らは、以前のCOG-UK分析(Filipe et al。、2020; Plessis etal。2020)を確認するウイルスの繰り返しの導入の物語を語り、その後、いくつかのウイルスは集団全体に非常に広範囲に広がります。シーケンスされたウイルスは、診断されたすべてのケースの約4分の1を占めるため、生成されるデータは過小評価されていることに注意することが重要です。

スコットランドでは、分析により、初めて見られた新しい系統に基づいて定義された、約300の独立したウイルスの国内への導入が確認されました。同じ「新しい」系統が何度も導入される可能性があるため、これは導入を呼びかけていますが、これは最初に検出されたときにのみカウントされます。これらの「新しい」系統の約4分の1だけが確立されたように見えました(5回以上検出されたと定義されています)。これは、一部の系統がR0> 1を維持する機会に関連している可能性があります。たとえば、1回のイベントで多数の人が感染した場合に、スーパースプレッダーイベントを通じて拡散することになります。

感染再拡大、旅行が原因 英が遺伝子解析で結論
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN110CH0R11C20A2000000

【ロンドン=時事】英スコットランド自治政府のスタージョン首相は9日の記者会見で、今夏以降の新型コロナウイルスの感染再拡大は旅行が原因だったと発表した。英科学者チームがウイルスの遺伝子配列を解析した結果、夏季の旅行によって英国内外からウイルスがスコットランドに持ち込まれたと結論付けた。クリスマス休暇を前に、不要不急の旅行の自粛を住民に改めて呼び掛けた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!