新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナ軽症で宿泊療養中の50代男性が急死、症状が一気に悪化か 軽症でも油断できず 神奈川県


*神奈川県
神奈川県の宿泊療養施設で治療を受けていた新型コロナウイルスの感染者が急死したことが分かりました。

死亡したのは神奈川県在住の50代男性で、12月8日に新型コロナウイルスの感染が確認され、12月9日から神奈川県の宿泊療養施設に入っていたと報じられています。
NHKの記事によると、この患者は12月11日午前の経過観察で頭痛や腰痛、倦怠感を訴え、それから夕方に連絡が取れなくなり、同日8時頃に室内で心肺停止状態となっているのを看護師が発見したとのことです。

現時点で死因は不明となっていますが、状況的に新型コロナウイルスの症状が一気に悪化した可能性が高いと見られています。

海外だと軽症者が急激に重症化するケースは多く、これが新型コロナウイルスの一番厄介な点でもあるのです。
日本においても何例か急変のケースは報告があるわけで、軽症者でも大丈夫というような認識は捨てて、新型コロナウイルスの感染者は急変する前提で対応策を考えておいたほうが良いと思われます。

 

新型コロナ 軽症でホテル療養の男性死亡 神奈川県が対応検証
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201212/k10012760231000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

新型コロナウイルスに感染し、軽症と診断されて神奈川県が用意したホテルで療養していた50代の男性が、11日、死亡しました。
県は死因を調べるとともに対応に問題がなかったか検証するとしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!