新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

宮城県の飲食店で20人規模のクラスター感染!マスクを着けず歌唱や会話、大皿料理などでパーティー!「万全な対策をしたつもりだった」


*市HP
宮城県登米市の飲食店でクラスター感染が確認されました。

市の発表によると、感染が確認されたのは飲食店の利用者ら計23人で、この飲食店には約40人ほどが集まって、12月5日夕方に大規模なクリスマスパーティーが行われていたとのことです。
河北新報の記事に掲載された関係者の証言だと、グループ9組が約2時間半に渡って演奏や歌唱を行い、大皿で取り分ける料理が提供されて参加者らが共に過ごしていた模様。

マスクを着けず歌唱や会話をしていた場面もあったとして、登米市はホームページを通して「3つの密の回避、小まめな手洗い、マスクの着用など、新しい生活様式の実践による感染症対策に、引き続き取り組んでいただきますようお願いします」と注意喚起を出していました。

店の責任者は「体温チェックや手の消毒、何度も換気してテーブルやマイクの消毒も行った。万全な対策をしたつもりだったが、多くの方に迷惑を掛け、反省している」というようなコメントを出していましたが、明らかに感染症対策が不十分だと言え、改めて感染症のリスクと基本対策を学び直す必要がありそうです。

 

登米・飲食店クラスター パーティーに40人参加
https://news.yahoo.co.jp/articles/848fd8eaef1e7ca9e69861f6fbc9e9e65bde7352

利用客の新型コロナウイルス感染が確認された宮城県登米市の飲食店で、新たに20人の感染が判明し、計23人のクラスター(感染者集団)が発生した。飲食店には市内外から約40人が集まり、クリスマスパーティーを開いていた。
関係者によると、パーティーは5日夕、登米市や栗原市、大崎市などに住む音楽愛好家らが集まり開かれた。個人やグループ9組が約2時間半、楽器を演奏したり歌ったりした。

新型コロナウイルス感染症患者の発生について(令和2年12月11日更新)
https://www.city.tome.miyagi.jp/kenkosuisin/kurashi/kenko/ese/covid-19_taisakuhonbu/hassei.html

12月11日、市内において新型コロナウイルス感染症患者が13名確認され、本日、クラスター(感染者集団)発生との県の認識が示されました。
本市では17例目から29例目の感染確認となり、県内では1436例目から1448例目となります。

市民の皆様におかれましては、不要不急な外出を避け、大人数や長時間におよぶ飲食の場面などの感染リスクが高まる「5つの場面」を意識し避けていただくとともに、「密集」「密閉」「密接」の「3つの密」の回避、小まめな手洗い、マスクの着用など、「新しい生活様式」の実践による感染症対策に、引き続き取り組んでいただきますようお願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!