新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

西村担当相「緊急事態再宣言は何としても避けなければならない」「来週までGoTo分析の時間がある」


*西村担当相
新型コロナウイルスの感染者数が過去最多を連続で更新していることについて、西村康稔経済再生担当相が政府としての見解を出しました。

西村担当相は12月11日の記者会見で、「自治体や専門家と極めて強い危機感を共有しました」「(緊急事態再宣言は)何としても避けなければならないので、皆さんのご協力をよろしくお願い致します」と発言し、新型コロナウイルスの感染拡大は深刻化していると言及。
GoToトラベルを含めた政策の見直しに関しても、「来週まで状況を分析する時間がある。提言を受けとめながら、それぞれの知事と対応を協議していきたい」と述べ、関係者との協議を継続するとしていました。

政府としては緊急事態宣言の再発令だけは何としても避けたいと考えているようで、西村担当相の発言からもそれが強く感じられたと言えます。
ただ、新型コロナウイルス対策の具合案にはほぼ触れず、GoTo停止も来週に議論が持ち越されるなど、政府の動きはあまりにも遅いのが現状です。

国民からは追加給付金や封じ込め策の強化を求める声が高まっているわけで、このまま政府がノロノロとしていると、感染者数だけが悪化することになるでしょう。

 

コロナ感染者増、緊急事態回避へ「強い危機感共有」=西村再生相
https://news.yahoo.co.jp/articles/8bd51b189a9e457191d2c7395b7179e215e206a7

[東京 11日 ロイター] – 西村康稔経済再生担当相は11日午後に記者会見し、新型コロナウイルス感染症対策分科会で「急激な感染者増加は回避できているが減少に転じていない。専門家と強い危機感を共有した」と述べた。緊急事態再宣言に関して「何としても避けなければならない」との考えも示し、年末年始に向け3密回避など感染防止対策の徹底を呼び掛けた。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!