新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

除菌スプレーで違反行為、少ないアルコール濃度や次亜塩素酸入りなど 消費者庁が指摘!「ほぼ水に近い製品も」


*消費者庁
ウイルス対策を宣伝していたアルコール消毒スプレーなどで、違反行為が行われていたことが判明しました。

12月9日に消費者庁は消毒スプレーを販売している7事業者で商品の成分濃度が違うなどの景品表示法違反が確認されたとして、措置命令を実施したと発表。
措置命令が出たのは次亜塩素酸水やアルコールスプレーを販売している事業者で、アルコール濃度が規定以下で薄かったり、次亜塩素酸水として販売していた製品で成分が殆ど検出されないなどの違反行為が確認されたとのことです。

中には「新型ウイルスバスター」というような製品名で販売していた消毒スプレーもあり、違反商品はいずれも販売停止が決まりました。

新型コロナウイルスをキッカケにして医療品の販売額が急上昇していますが、それに合わせてこのような詐欺商品も増えている状態で、重要な医療品を購入する時は信頼ができるメーカーに厳選したほうが良さそうです・

 

次亜塩素酸水の販売事業者6名及びアルコールスプレーの販売事業者1社に対する景品表示法に基づく措置命令についてhttps://www.caa.go.jp/notice/entry/022403/

次亜塩素酸&アルコール 7商品が「濃度」表示違反
https://www.fnn.jp/articles/-/118483

スプレー型の次亜塩素酸水の商品。
検査したら、ほぼ水だった。

消費者庁の会見「(有効塩素濃度が)限りなくゼロに近いと。『ほぼ水に近い』と専門家も言っている」
消費者庁は、次亜塩素酸水やアルコールスプレーを大手通販サイトなどで販売している7事業者に対し、実際の商品の濃度が表示内容を下回っているとして、景品表示法違反で措置命令を行った。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!