新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アストラゼネカのワクチン問題、ドイツも接種一時停止を表明!フランスやイタリアなど押収主要国がストップ 血栓報告で懸念


*海外ニュース
イギリスの大手製薬会社「アストラゼネカ」のワクチンを巡る問題で、ドイツ保健省がアストラゼネカのワクチン接種を一時停止すると発表しました。

これはロイター通信などの海外メディアが報道した情報で、アストラゼネカ製のワクチン接種後に血栓症などの副作用の事例が報告されているとして、ドイツとイタリア、フランスが一時停止を決定。EU(欧州連合)の主要国がワクチン接種を中断し、少なくともEUの薬品規制当局が3月16日に新たな指針を発表するまではワクチン接種を見合わせるとしています。

ワクチン接種後に血栓の報告があった人数は30人を超えていますが、WHO(世界保健機関)は「ワクチンとの因果関係は不明」とする声明を発表。医療機関や専門家の間でもワクチンの副作用なのかどうかを巡って見解が割れているのが実情です。

 

独、アストラゼネカワクチン接種中止 仏・伊も停止
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-germany-astrazeneca-idJPL4N2LD3YO

[ベルリン 15日 ロイター] – ドイツ保健省は15日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を中止すると発表した。
同社の新型コロナワクチン接種後に血栓症などの副作用の事例が報告されていることを受け、欧州では複数の国が接種中止に踏み切っている。

アストラ製ワクチン、EU主要国が使用中断-血栓を懸念
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-15/QQ0OLHT0G1L701?srnd=cojp-v2

ドイツやフランスなど欧州連合(EU)主要国は英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの使用を中断した。進まないEUのワクチン接種がいっそう遅れるとの懸念が生じている。
欧州医薬品庁(EMA)は同ワクチンへの支持を繰り返しているが、接種後に深刻な血栓が生じる事例が複数報告されているのを受け、EU各国政府が配布を停止した。

 


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!