新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

LINEの個人情報システム、中国で委託先からアクセス可能な状態に!個人情報保護法に違反の恐れ


*LINE
大手通信アプリ「LINE(ライン)」が個人情報のシステムを中国の会社に委託し、その委託先から日本人利用者らの個人情報にアクセスすることが出来る状態になっていたことが問題視されています。

これはNHKが報道した情報で、2018年から委託先の中国企業を通して、日本国内のサーバーに保管されている利用者の名前や電話番号、それにメールアドレスを閲覧することが出来たまま放置されていたとのことです。

他にも利用者の間でやりとりされたメッセージや写真などにもアクセスすることが確認され、外国への個人情報移転で利用者の同意を定めている個人情報保護法に違反している恐れがあるとして、深刻な社会問題になっています。

2021年3月の時点でLINEの利用者は日本国内で8000万人を超えている状態で、厚生労働省の追跡アプリ「COCOA」などとも連携し、近年は行政サービスでも活用されていました。
それだけに大規模な情報漏えいが放置状態だったのは深刻だと言え、ネット上でもLINEの運営会社に批判の声が相次いでいます。

 

LINE 個人情報 十分な説明無く中国の委託先でアクセス可能に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210317/k10012918871000.html

通信アプリ大手、LINEの日本の利用者の個人情報などがシステムの管理を委託されていた中国の会社の技術者からアクセスできる状態になっていたことがわかりました。個人情報保護法は外国への個人情報の移転が必要な場合には利用者の同意を得るよう定めていて、親会社のZホールディングスは、説明が不十分だったとして改善を図る方針です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!