新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島沖でM5.3地震、茨城県でもN4.8!地震が全国的に増加 麒麟地震研究所「M6クラスの反応」「赤の強い反応が出現」


*地震予測
日本の各地で地震が発生しています。

3月15日に和歌山県北部でマグニチュード4.6・最大震度5弱の地震が発生し、その後も立て続けに3月16日の茨城県南部(マグニチュード4.8・最大震度4)や、3月17日の福島県沖(マグニチュード5.3・最大震度4)で地震が発生。
2月頃から日本全体で地震が増えている傾向が見られ、これがさらなる大地震の前兆である可能性が浮上しています。

大気重力波の理論などから地震予測をしている麒麟地震研究所は公式ツイッターで「今日3月16日今8万前後の大きな反応が出ています」「大気重力波は西日本全域からフィリピン海プレート方面と北陸から関東地方に出ています」「10日観測機1にM6クラスの反応が出ています暫く注意が必要です」と伝え、大きな地震への注意を促していました。

大きな地震の前兆を示唆している現象や動きは他にも見られ、3月5日に発生したニュージランドの大地震もその一つであると言えます。
ニュージランドで大地震があると、2週間程度で日本が揺れることが多く、このような流れからも当面は地震に警戒が必要です。

 

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!