新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

五輪ボランティアの辞退者急増で計画変更か 「2人で当たる業務を1人に変更するなどの工夫が必要だ」


東京オリンピック・パラリンピックのボランティアで辞退者が急増しており、その影響で計画の変更を検討していることが分かりました。

河北新報社の記事によると、宮城県のボランティア約1700人の内、600人近くが五輪への参加を辞退する方向で検討している状態で、必要な人数の1300人を大幅に割り込む可能性が浮上しているとのことです。
そのため、宮城県はボランティアの再配置や2人で対応する業務を1人に変更するなどの計画修正を検討中で、何らかの変更案を近い内に決定すると報じられています。

東京オリンピックを巡っては海外観光客の受け入れ見送りや、コロナ対策で医療従事者が大量に必要になるなどの課題があり、いずれも解決策は見つかっていません。
加えてボランティアの大量辞退もあるわけで、もはや東京オリンピックを予定通りに行うことは不可能な情勢です。

政府は依然として東京オリンピックの開催を強行しようとしていますが、この感じだと時間の問題で計画全体が崩れることになるでしょう。

 

宮城の五輪ボランティア600人辞退か 不足の恐れ、計画修正も
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0569086f05da849f174a4cf6810f80ebcad89a2 

新型コロナウイルス感染拡大で1年延期となった東京五輪・パラリンピックで、宮城県が確保した約1700人の都市ボランティアのうち、600人近くがコロナへの不安などから参加しない恐れがあることが分かった。当初設定した必要数の1300人を割り込む計算で、県はボランティアの再配置など計画修正を迫られる。

 


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!