新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

武田総務相が国会審議中に「記憶がないと言え」と指示か 総務省の電波部長に!「誤解を与えたのであれば申し訳ない」


*国会
武田良太総務相が国会審議中に総務省の鈴木電波部長に「記憶がないと言え」などと指示を出した疑惑が浮上しています。

問題となっているのは3月16日の衆議院予算委員会で、野党の質問に回答する形で鈴木電波部長が立ち上がったところ、武田総務相の方から「記憶がないといえ」というような言葉が飛び出てきたのです。
音声は国会中継のマイクにも録音され、後に武田総務相は「答弁を指示する意図は全くない」などと弁明。

翌日の国会でも「誤解を与えたのであれば申し訳ない」と発言し、あくまでも誤解だったと繰り返していました。

武田総務相の問題発言が出てきたのは東北新社の外資規制違反を巡る国会審議で、武田総務相の高圧的な発言に批判が強まっているところです。

 

武田総務相「答弁指示の意図ない」 国会審議中の発言に
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031800681&

 立憲民主党の山花郁夫氏は18日の衆院総務委員会で、武田良太総務相が国会審議中に総務省の鈴木信也電波部長に「記憶がないと言え」と指示した疑いがあるとして、武田氏に事実関係をただした。武田氏は「口に出たかもしれない」としつつ「答弁を指示する意図は全くない」と釈明した。

国会答弁指示疑惑で武田総務相謝罪
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0da6cadb49dd951e2162805f1cab603e048d01c

武田総務相は参院予算委で、国会審議で総務省幹部に「記憶がないと言え」と指示した疑いがある発言が不適切だったかを問われ「誤解を与えたのであれば申し訳ない」と述べた。

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!