新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米中外交トップの初会談、冒頭から1時間も激しい応酬合戦に!アメリカ「中国が周辺国を脅かしている」中国「内政干渉だ!」


*CNN
3月18日にアメリカのアラスカ州でブリンケン米国務長官と楊潔篪(ヤン・ジエチー)中国共産党政治局員らが会談を行い、米中関係や国際情勢に関する意見交換をしました。
会議の冒頭から双方がお互いに批判の言葉をぶつけ合い、1時間も激しい言葉の応酬合戦が続きます。

アメリカ側は中国に対して「世界の安定を維持しているルールに基づく秩序を脅かしている」「新疆ウイグル自治区や香港、台湾に対するふるまいに問題がある」と述べ、周辺国への圧力を止めるように要求。
これに中国側も強い口調で、「アメリカはみずからの民主主義を押し広めるべきではない。アメリカが普遍的な価値や国際世論を代表することはできない」「新疆、チベット、台湾は中国の不可侵の領土だ。米国が中国の内政に干渉することに断固として反対しており、毅然とした行動を取るつもりだ」と反論し、アメリカの指摘は内政干渉だと反発していました。

また、アメリカが中国を攻撃するための用意をしているとして、「米国は他国を唆して中国に対する攻撃を仕掛けさせている」ともコメントしています。

最後までこのような調子で両国が批判の言葉を投げ掛け合う形になり、外交面で良い提案や合意事項は全くありませんでした。
米中関係の悪化を示すかのような会談になったと言え、この感じだと米ソ冷戦時代と同じように米中の覇権争いと対立は激化することになりそうです。

 

「民主主義押しつけるな」 米中外交トップ会談冒頭要旨
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM199LF0Z10C21A3000000/?n_cid=SNSTW005

18日に米アラスカ州で会談したブリンケン米国務長官と楊潔篪(ヤン・ジエチー)中国共産党政治局員らの冒頭の主なやりとりは以下の通り。

ブリンケン氏 「私はわが国にとって最も近い同盟国である日本や韓国の担当者との会談を終えて戻ってきたところだ。日韓とも米中間の議論に非常に関心を示していた。我々がここで提起する問題は米中両国にとどまらず世界全体に関わる。我々の政権は米国の利益を促進し、ルールに基づく国際秩序を強化する外交を進めると決意している」

米中外交当局トップ初会談 両者の主張は真っ向から対立
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210319/k10012923551000.html

アメリカのバイデン政権と中国の習近平指導部の外交トップによる初めての対面での会談がアラスカ州で始まりました。アメリカ側は中国が人権、安全保障、経済の幅広い分野で国際秩序を脅かしていると批判したのに対し、中国側はアメリカが価値観を押しつけていると反発して真っ向から対立しました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!