新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

選挙まで秒読み、最大野党・立憲民主党の戦略は?政策は原発ゼロや多様性 福山幹事長「参議院は1人区で一本化を」


今年は4月の地方統一選挙と夏の参議院選挙があることから、最大野党・立憲民主党の動向に注目が集まっています。

立憲民主党は参議院選挙では全国に32ある「1人区」で候補者の一本化を実現したいと考えており、福山幹事長は講演会で「政権への足がかりになる大きな戦いだと認識している。野党の調整をして、32ある『1人区』を一本化することに、必死になって汗をかかせてもらいたい」と発言。
他の野党勢力とも協力して、候補者調整を進める方向で検討中だとしています。

また、地方統一選挙に関しては「原発ゼロ社会」の実現や、LGBTのような性的マイノリティーを支援するための政策を強くアピールするとしていました。

しかしながら、国民の関心が高い消費増税については言及を避けている状態で、経済政策が全体的に弱い印象があるところです。同じ野党の国民民主党との協力も不透明で、野党がまとまることが出来なければ、自民党に勝つのは厳しいと思われます。

 

立民 福山幹事長「参院選 32の1人区で候補者一本化に全力」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190309/k10011841901000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

夏の参議院選挙について、立憲民主党の福山幹事長は京都市で講演し、「政権への足がかりになる大きな戦いだ」と述べ、ほかの野党と調整して、全国に32ある「1人区」で候補者の一本化を実現したいという考えを重ねて示しました。

立民 統一地方選で「原発ゼロ」や「多様性認め合う社会」訴え
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190307/k10011839411000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

来月の統一地方選挙について、立憲民主党の逢坂政務調査会長は記者会見で、「原発ゼロ社会」の実現や、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちの「パートナーシップ証明」の発行を進めることなどを訴えていく方針を示しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!