新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友文書問題、値引き交渉の記述を丸ごと削除!財務省の決裁文書


2016年3月30日に財務省の近畿財務局が森友学園と土地の価格を決めるための事前協議を行った記述が、決裁文書から丸ごと削除されていることが分かりました。

報道記事によると、おととしの3月30日に近畿財務局や大阪航空局の担当者が学園を訪問し、この日の内に重要な価格交渉が行なわれていた可能性が高いとのことです。

この日が削除された理由は日程的に森友学園と財務省が事前交渉を行っていた疑惑が高まってしまうからで、国会での追及を回避するためにあえて削除したと見られています。
削除された日の2週間前には森友学園の籠池前理事長夫妻が霞が関の財務省本省を訪問し、国に早期の対応を要望していました。

財務省は今まで事前の価格交渉を否定しており、これによって財務省の虚偽答弁がほぼ確定的になったと言えるでしょう。

 

「森友」財務省決裁文書 “事前協議”の日 記述全削除
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180317/k10011369321000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


森友学園への国有地売却の経緯を記した財務省の決裁文書で、近畿財務局が学園と協議を行ったおととし3月のある日の記述が、すべて削除されていたことがわかりました。この日、財務局は、学園側から購入可能な金額の上限を聞き出していましたが、記述が削除されたことで、この日の協議の内容が国会で追及されにくい形になっていました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!