新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【憲法改正】9条の自衛隊明記、自民党が判断を細田本部長に一任!立憲民主「制限なく認めることに」


憲法改正で注目を浴びている「自衛隊の明記」について、自民党の憲法改正推進本部は今後の対応を細田本部長に一任すると発表しました。

NHKによると、自民党の案では憲法9条2項を維持したまま、「9条の規定は必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として自衛隊を保持する」というような記述を追加する形になるとのことです。

修正前の案だと「必要最小限度の実力組織として自衛隊を保持する」となっていましたが、最小限度の定義が不明確なことから削除となりました。
自民党の内部でも意見が割れており、「9条2項を維持したままでは、憲法と自衛隊の整合性がとれない」として、2項を削除する案も浮上。

最終的には細田本部長に一任する形で決定され、近い内に最終的な案がまとまると見られています。

一方で、最大野党の立憲民主党からは枝野幸男代表が「『自衛の措置』とする場合は、条文では、『制限なく集団的自衛権も含めて』という書き方になる。安倍総理大臣が言っている、一部、行使容認だとしても新たに書き加えられる条文には全く限定がついていない。安倍総理大臣が今まで言ってきたことは大うそだということが確認された」とコメントし、自民党の案に強く反発していました。

 

「自衛隊の明記」細田本部長に一任 自民 憲法改正推進本部
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180322/k10011375061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011


憲法改正の焦点の「自衛隊の明記」について、自民党の憲法改正推進本部は22日の会合で、今後の対応を細田本部長に一任しました。細田氏は会合のあと、9条2項を維持したまま、「9条の規定は、必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、自衛隊を保持する」とした案に基づいて、党としての改正案をまとめる考えを示しました。

立民 枝野代表 自民の自衛隊明記方針を批判
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180323/k10011376811000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

憲法改正の焦点の「自衛隊の明記」をめぐる自民党の方針について、立憲民主党の枝野代表は、集団的自衛権を制限なく認めることになると指摘し「安倍総理大臣の今までの発言は大うそだと確認された」と批判しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!