新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】東電が原発建設を再開へ!年内にも青森県東通村で建設調査、福島原発事故後では初!

*原発
東京電力が青森県の東通原発の建設を再開すると発表しました。東通原発は青森県東通村に建設が予定されている原発で、2011年の福島原発事故から建設作業が止まっていた場所です。

東電は今年後半から敷地内の地質調査を開始するとしており、地質調査で問題が無ければそのまま原発建設まで踏み込むと見られています。
東電の小早川智明社長は「より安全性に優れたものをつくっていきたい」とコメントし、原発の建設に強い意欲を示していました。

ただ、原発建設は与党内部からも疑問の声があり、依然として世論の大半は反対となっています。大規模な反対運動が起きる可能性もあると考えられ、東電の思惑通りに動くかは不透明です。

 

建設再開 今年度後半から地質調査
https://mainichi.jp/articles/20180630/ddm/002/040/040000c

 東京電力ホールディングス(HD)は29日、建設作業が中断している東通原発(青森県東通村)について、今年度後半から敷地内の地質調査を始めると発表した。東電が2011年の福島第1原発事故後、建設再開に動き出すのは初めて。

同原発は、1号機(138・5万キロワット)が11年1月に国の新設認可を受けて着工したが、原発事故後は世論に配慮して建設を中断。現状は更地のままだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!