新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党議員から再びLGBT批判!谷川とむ議員「同性婚は趣味みたいなもの。法律化する必要はない」

*谷川議員
自民党の杉田水脈議員が雑誌のインタビュー記事で「同性愛者は非生産的」と発言して物議を醸していますが、今度は同じく自民党の谷川とむ議員からもLGBTを批判する発言が飛び出してきました。

問題の発言は7月29日に放送されたAbemaTVの番組「千原ジュニアのキング・オブ・ディベート」であり、同性婚の議論中に谷川議員は「同性婚や夫婦別姓といった多様性を認めないわけではないんですけど、それを別に法律化する必要はないと思っているんですね。趣味みたいなもので」などと発言。

この発言を受けて番組がざわつくことになりますが、谷川議員は更に続けて「男の人と女の人が結婚をして子を授かって、家族という形態が出来て。大昔から皆さん同じようなことをして、国を衰退させないように、国が滅びないようにしてきたわけですよね。これは極端かもしれませんが、だからそういうものに対して、わざわざ法律を作って結婚して婚姻関係を結ぶ、ということに僕は意味がちょっと分からないんですよ」ともコメントしました。

文脈的には杉田水脈議員の「生産性が無い」とほぼ同じ意味で、またもや自民党議員からLGBT批判の言葉が飛び出てきた形になります。

 

自民・谷川とむ議員「同性婚や夫婦別姓は趣味みたいなもの」 同性婚・選択的夫婦別姓に慎重姿勢示す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010003-abema-pol

 7月29日に放送されたAbemaTV『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』で、作家の乙武洋匡氏による「同性婚・夫婦別姓など結婚の多様性を認めない国の姿勢はおかしいのではないか」という意見をめぐり、激論が繰り広げられた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!