新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【日中首脳会談】安倍首相「中国は脅威では無くパートナーだ。日中友好に」

*官邸
10月26日に中国の首都・北京で日中首脳会談が行われ、その中で安倍晋三首相は日中友好路線を全面的に押し出しました。

演説の中で安倍首相は「互いに協力のパートナーであり、互いに脅威とならない。この明確な原則を先ほどの首脳会談において、李総理と確認しました」と述べ、日本と中国は協力するべきだと主張。
これに対して中国の李克強首相も「日中関係の発展を根気よく前へ進めるべきであり、新しい衝突は避けなければならない」などと発言して前向きに検討していると返答しました。

会議の中では日本と中国で自由貿易を拡大することで合意し、他にも3兆円規模の日中スワップ協定の締結や東シナ海での衝突回避などで双方が協力する方向になったと報じられています。

かつての安倍首相は中国脅威論を提唱しており、中国包囲を掲げて外交を展開していましたが、それから一変して中国との友好路線を全面に押し出した形になったと言えるでしょう。

 

日中が首脳会談、安倍首相「競争から協調へ 新たな段階に」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181026-00000060-jnn-pol

 国際会議を除けば日本の総理大臣として7年ぶりに公式に中国を訪問した安倍総理。26日は李克強首相と首脳会談を行い、「日中関係は競争から協調へ新たな段階に入った」と述べました。
笑顔で会話しながら歩く安倍総理と李克強首相。首脳会談は和やかな雰囲気で行われました。

日中首脳が共同記者発表「競争から協調へ」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181026/k10011686721000.html

中国を訪れている安倍総理大臣は、李克強首相との会談のあと、そろって記者発表に臨み、「日中両国の関係は競争から協調へという新たな段階に移りつつある。互いに脅威とならない協力のパートナーであるという原則を確認した」と述べました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!