新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

レーダー照射問題で防衛省が新証拠を公開!レーダー照射の「音」、韓国の説明破綻か 「日韓協議継続はもはや困難」


1月21日に防衛省はレーダー照射問題で新たな証拠を公開しました。公開されたのは韓国海軍の軍艦が照射したレーダーの「音」です。実際に防衛省が公開した資料を見てみると、そこには火器管制レーダー特有の甲高い音が録音されていました。

この証拠によって韓国側の「探索用レーダーだった」というような説明も破綻したと言え、防衛省は韓国側に対し「改めて強く抗議し、事実を認め、再発防止の徹底を強く求める」とコメントしています。
そして、防衛省は韓国側との実務者協議を継続しても真実の究明には至らないと考えられるとして、協議を打ち切る考えを表明しました。

今回の件で韓国政府は依然として謝罪を全くしておらず、言い逃れが不可能な証拠が提示されたことで、このまま同じような主張を繰り返すのならば、日韓協議は完全に破綻となりそうです。

 

防衛省 韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/21x.html


平成31年1月21日 防衛省
(英語版/English)
 昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまとめた防衛省の最終見解及び本件事案発生時に同機が探知した音を公表することとしました。
 防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。更に、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。
 本公表が、同種事案の再発防止につながることを期待するとともに、引き続き、日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。

韓国側との協議打ち切り表明
https://this.kiji.is/459992644971447393

防衛省はレーダー照射問題に関し、韓国側との実務者協議を継続しても真実の究明には至らないと考えられるとして、「協議を韓国側と続けることはもはや困難」と指摘し、協議を打ち切る考えを明らかにした。


*管理人コメント
韓国政府の見解はまるで子供の言い訳レベルで、あまりにも幼稚過ぎです。防衛省はドンドン証拠を公開し、一気に韓国政府を論破してさっさと問題を終わらせるべきだと思います。

中途半端に気を使って最初に証拠を小出しにしたのが、逆に変な誤解を招いて問題を長引かせてしまったと言えるでしょう。どっちにしても、韓国政府の主張は論点のすり替えばかりで、自衛隊の哨戒機の高度とかどうでもいい話です。

この件は日本側の主張が圧倒的に正しく、韓国はプライドや政権の方針から謝罪をしたくても出来ない状態なのかもしれません。当サイトのコメント欄で謎の韓国擁護でメチャクチャなコメントを書いている人も居ますが、あまりにも酷い適当な内容は消そうかと思ったほどです(苦笑)。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!