新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

欧州の経済成長率が下方修正!ドイツが1.8%⇒0.5%、イタリアが1.2%⇒0.1%に 日本も1~3月期はゼロ成長か

*欧州議会
欧州の経済成長率が大きく下方修正となりました。

欧州委員会は5月7日に春季経済予測(実質GDP成長率)を発表し、世界経済の先行きが不透明になったとして各国の成長率を引き下げると言及。具体的にはドイツが1.8%から0.5%、イタリアが1.2%から0.1%、オランダが2.4%から1.6%に下方修正となっています。
2019年のEU28カ国の実質GDP成長率を1.4%、ユーロ圏については1.2%として、全体的に数字が悪い方向に拡大していました。

背景には中国経済の急速な減速があり、中国との貿易額が膨張している欧州へのダメージも増大することになると欧州委員会は推測しています。

一方で、日本経済も欧州と同じように先行きが暗くなっている状態で、1~3月期の実質国内総生産(GDP)は年率換算でゼロ成長になると予想されているところです。
中国経済の減速に伴う輸出減が続き、日本国内の設備投資も全般的に悪い数字が並んでいました。

世界的に景気減速の傾向が鮮明になってきたと言え、このまま米中貿易戦争が長引くと、世界経済への悪影響も拡大することになるでしょう。

 

世界貿易・経済の減速、先行き不透明感が影響
https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/05/961f2ada733e0503.html


欧州委は下方修正の要因として、世界貿易と経済の減速と通商政策の先行き不透明感に加え、一部の加盟国における自動車産業など製造業の落ち込みを挙げた。EUの経済成長は域内の経済活動に依存する傾向があるが、欧州委は失業率が引き続き改善し、賃金上昇と抑制されたインフレ率、低金利、一部加盟国の拡張的な財政政策によって域内需要が押し上げられると分析。緩慢な成長が継続するとの予測を示した。さらに、2020年には域外経済の成長再開などにより、EU経済の成長も上向くとの見立てだ。

1~3月期ゼロ成長の予測 消費・投資の勢い欠く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44546910Y9A500C1EE8000/

日本経済は年初にゼロ成長になったとの見方が強まっている。民間15社のエコノミストの予測によると、1~3月期の実質国内総生産(GDP)は年率換算の平均値で前期比0.003%増とほぼ横ばいだった。中国経済の減速に伴う輸出減が続き、国内の設備投資にも影を落とす。日本経済の停滞が鮮明になれば、消費増税の先延ばし論が再燃する可能性がある。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!