維新・丸山穂高議員の発言、ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長が激怒!「最もひどい発言だ」

*丸山穂高
日本維新の会の丸山穂高議員が北方領土について、「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言した件が波紋を広げています。
5月13日にロシア上院のコサチョフ国際問題委員長は記者会見の中で「日ロ関係の流れの中で最もひどい(発言だ)」と述べ、丸山穂高議員の発言を強く批判。丸山穂高議員は過激だとした上に出、「そのような挑発的な発言ができるのは、存在する問題の解決を望まない人々だ」とコメントしていました。

ロシアの政治家から具体的な言及があったのは初で、コサチョフ国際問題委員長が触れたことでロシア側も丸山穂高議員の問題発言を認識していることが分かったと言えるでしょう。

一方で、丸山穂高議員は過去に居酒屋で男性の手を噛んで党から厳重注意を受け、その時に「あらゆるトラブルを予防するため、今後の議員在職中において公私一切酒を口に致しません」などとコメントしていました。直後に記者会見を開いて、「不適切な発言をした」として謝罪しましたが、果たして丸山穂高議員に反省の二文字があるのか謎です。

 

丸山議員発言、ロシア上院委員長が批判
https://www.sankei.com/world/news/190514/wor1905140004-n1.html

ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長は13日、北方領土へのビザなし交流に参加した日本維新の会の丸山穂高衆院議員が「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と元島民に発言したことは「日ロ関係の流れの中で最もひどい(発言だ)」と述べ、批判した。モスクワで開催された日ロ知事会議の会場で記者団に述べた。


続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    日本の保守政党、界隈は搾取しか考えていない破廉恥の集まり。

  • 匿名 より:

    公人の立場として責任を取らなあかん

  • 匿名 より:

    戦後の、まともなことを言っていた人々が追放され、
    最近は代わりに、デタラメなことを言う保守の政党が重宝される時代

  • 匿名 より:

    マルクス主義を推進する人達 自民党、維新の会

  • 匿名 より:

    コサチャフさま、申し訳ございません
    丸山を煮て食うなり、焼いて食うなり
    お好きになさって下さい
    全責任は丸山が取ります

  • 匿名 より:

    戦争で取られた領土は戦争で取り戻すしかない。丸山議員は世界の常識を口にしただけで別に問題発言でも何でもない。むしろ問題発言としてしまう所に、日本の領土は一度取ってしまえば取り返しには来ないという誤ったメッセージを与えてしまう。丸山発言の否定は逆に日本を戦争に巻き込むのではないか。

  • 匿名 より:

    自分の名を揚げる為には何でもやるのか、もう浅まし過ぎて目も当てられない。健康なバランス感覚が失われ、欲の為に突っ走る。勇ましい事を言えば、強い人間に見られる、という短絡的な幼児性。日本の政治家はどうしてこんなに、お子ちゃまタイプが増えてしまったモノだろうか。元官僚なのか、点数稼ぎの為の勉強に明け暮れた人生がもたらす弊害、ソレを見るようだ。余りにレベルの測りようも無い位低レベルの発想は、この人特有の地の発想だろう。そうでなければ、こんな発言は出て来ようも無い、この記録の永久隔離が必要な程、聞きたくも無い発言であった。ショックを受けた。

  • 匿名 より:

    日本がロシアに立ち向かうことは
    アリンコがアリクイに立ち向かうようなものだ

  • ロハスな人 より:

    「戦争発言」自体もアホすぎますが、『北方領土返還(ロシアにとっては譲渡)問題』の詳細を知っていたらこの発言は出てこないはずです。
     日露交渉の当事者である、鈴木宗男氏の説明が非常に興味深く、鈴木氏は『北方領土問題は返還問題ではなく、(アメリカがアラスカを買収したように)買収問題』だと正しく認識していたと思われます。
     (政治的にも経済的にも困窮していたエリツィン政権時には四島返還(買収)もあり得たかも…という考察もあります。)
    https://toyokeizai.net/articles/-/145689?page=3
    ◎『 鈴木宗男氏「北方領土への誤解が多すぎる」 東洋経済オンラインより 』
    (前略)
    鈴木:話はここからが本番です。2000年の3月に当選したプーチン大統領(就任5月)は、1960年の安保条約改定以後のソ連・ロシアの首脳の中で、1956年の日ソ共同宣言の有効性を認めてくれた初めての最高首脳です。逆に言えば、日ロ双方にとって、国境画定の議論や領土問題は法律的に裏付けられているものは日ソ共同宣言だけという立場を明確にしました。私は小渕内閣の時に当選直後のプーチン氏と会った経験がありますし、森次期首相とプーチン氏との会談をセットしたこともあるからはっきりといえますが、プーチン大統領は約束を守る政治家です。また法律の専門家でもあります。
     プーチン大統領は2000年の9月に日本にやって来ると、日ソ共同宣言の存在を認めたうえで、「今回は記者会見だけ。文書にするのは次の首脳会談で」といい、そのとおり2001年の3月25日に文書にしてくれました。これが森首相とのイルクーツク宣言です(日ソ共同宣言を、交渉の出発点と位置付けた宣言)。私に言わせれば、日本がもっとも北方領土に近づいた日でした。
     ではイルクーツクでの首脳会談の大事な部分とは何でしょうか。ポイントは2つです。歯舞・色丹の2島について、日本への具体的引き渡しの協議をしようということ。もう一つは、国後・択捉についてはどちらに帰属するかの協議を行おう、というものです。日ソ共同宣言の引き渡し交渉と、国後・択捉の帰属も同時に話し合う並行協議案ですが、これについて、プーチン大統領は「承った」と、持ちかえって協議することになったのです。
     しかし、2001年4月に小泉政権が誕生すると、話が変わってしまいます。
     信じられないことに、2002年5月ラブロフ外相と会った川口外相は、このとき日本の側から交渉の旗を降ろしてしまうのです。米国一辺倒になった小泉政権の方針ですが、同じ政党なのに政策を大転換してきた日本の態度に、プーチン政権側がびっくりして、不信感を強めたのは想像に難くありません。このあと2012年末に第2次安倍政権が誕生するまで、日ロ関係は「空白の10年」になりました。(以下略)

  • 匿名 より:

    ロシアの政治家が、日本の小者政治家の発言にいちいち反応したのが驚きです。
    戦争は丸山氏が発言の責任をとって一人で突進していきます。
    日本は関係ありません、どうぞご自由に。

  • 匿名 より:

    維新クオリティ。
    コサチョフ委員長さん、批判ついでに
    維新の会もつぶしてやってください。

  • 匿名 より:

    それでも新自由主義に支配され、搾取され、虐げられ、社会の片隅に忘れ去られたと感じている社会的弱者の人達には、戦争が起こって社会がひっくり返ってくれたら良いんだと思ってしまう人もいるだろうから、やっぱりこういう政治家は生き残ってしまうことがある。やっぱり国民みんなが衣食住足りて、文化的な生活が出来るようにしないと、やっぱりバカな政治家にダメにされてしまう。

  • 匿名 より:

    >やっぱり国民みんなが衣食住足りて、文化的な生活が出来るようにしないと、
    やはり日本はこの先「社会主義国家」を目指さなきゃいけませんね。

  • 匿名 より:

    アホとしかいいようがない
    国会議員でいる資格はない
    いますぐやめるべき

  • 戸田城聖 より:

    ほらほら、このバカで短絡的な維新の政治家、いや政治屋に「福祉・平和」を口にする公明党の与党議員やバックの巨大宗教団体創価学会は断固たる反対と糾弾をせんかい!!

    無理だな。そう無理なんです。日本会議含めそういうカルトがこの国の為政者なのです。
    だからアホな議員が大勢のさばるんです。知性の足りない有権者の皆さん、そろそろ己のアホさ加減に気がついて少しまともな議員に投票して下さいな。

  • 匿名 より:

    >戸田城聖
    >2019年5月15日 12:04 AM
    誰も書かないから(相手にしてないから?)書くけど、あんたのコメントも口を開けば「カルトがー」「公明がー」「宗教がー」「創価学会がー」っていつもおんなじなんだよね。
    もう飽きたし、あんたの言いたいことはわかったからもうコメントしなくていいよ。

  • 匿名 より:

    丸山穂高君って、
    「安保法案」や、「共謀罪」の強行採決を、促したり、
    口火を切る役を、しっかりやっていたよね~~!
    政権につくし、政党のために頑張ったのに、
    どちらからも、もうお払い箱にされそうですねえ・・・!

  • 匿名 より:

    第九十九条
    天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

    第九条
    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
    前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

    丸山某ってそこらのチンピラじゃなくて国会議員だよな、「戦争するしか無い」なんて憲法を遵守する義務を知らないとしか思えないが、憲法を目の敵にする安倍某もそうか。