新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】東京の荒川と多摩川が氾濫危険水位に到達!利根川水系と荒川水系でダム放流も検討!各地の川が異常事態


東京都の多摩川と荒川で氾濫危険水位に到達しました。

氾濫危険水位とは自治体が「避難勧告」などを発表する目安の水位で、この値を超えると河川の氾濫や堤防の決壊が発生する可能性が高まります。
多摩川の氾濫危険情報の呼びかけ地域は品川区、大田区、世田谷区、狛江市、横浜市、川崎市。荒川はさいたま市や川口市を中心とした広いエリアになっています。

また、利根川水系と荒川水系の上流でダムの貯水量が限界値付近まで上昇していることから、夜にダム放流も検討していることが分かりました。詳細な時刻は不明ですが、仮にダム放流が行われると、一気に川の水位が急上昇する恐れがあり、川の氾濫リスクが高まると言えるでしょう。

関東地方や東海地方の各地で河川の水位が氾濫危険水位に到達している状態で、引き続き川の氾濫情報には注意が必要です。

 

東京 大田区 多摩川が氾濫危険水位に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012125831000.html

国土交通省や気象庁によりますと東京、神奈川、山梨を流れる「多摩川」では、東京 大田区の観測所で、午後4時ごろ、氾濫の危険性が非常に高まり、自治体が「避難勧告」などを発表する目安となる、「氾濫危険水位」に達しました。

荒川が氾濫危険水位に 埼玉 熊谷の観測所で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012125791000.html

国土交通省や気象庁によりますと、埼玉県内を流れる荒川は、熊谷市内の観測所で、午後4時ごろに避難勧告などを出す目安となる「氾濫危険水位」に達しました。

台風進路情報
https://earth.nullschool.net/jp/#current/wind/surface/level/orthographic=-219.37,36.15,2402

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!