ヘッドライン

伊方原発3号機でトラブル!制御棒を誤ってそのまま吊り上げてしまう!原子炉容器の上部炉心構造物

*伊方原発
愛媛県伊方町の伊方原発3号機でトラブルが起きたことが分かりました。

四国電力によると、1月12日に伊方原発3号機で原子炉容器の上部炉心構造物を吊り上げたところ、制御棒と上部構造物の切り離し作業に問題があり、制御棒1本をそのまま吊り上げてしまったとのことです。
本来は上部構造物を持ち上げる前に制御棒の切り離し作業をシッカリとやる必要があるのですが、何処かで見落としがあったのだと思われます。四国電力の発表だと、原発への影響や外部への放射能漏れはない模様。

1月13日からプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を含む核燃料の取り出し作業を行う予定でした。

この発表はネット上でも話題になっており、四国電力の対応を不安視する声や、原発管理の在り方を問い質す意見が殺到しています。福島第一原発事故から9年となりますが、依然として原発問題は解決する気配がなく、今もズサンな状態だと再認識させられたと言えるでしょう。

 

四国電、制御棒引き抜くトラブル 伊方3号機、定検中
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000097-kyodonews-soci

 四国電力は12日、定期検査中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で、核燃料を取り出すため、原子炉容器上部で燃料を固定している装置を引き上げようとした際、制御棒1体を一緒に引き抜くトラブルがあったと発表した。原発への影響や外部への放射能漏れはないとしている。

伊方発電所3号機 原子炉容器上部炉心構造物
https://www.yonden.co.jp/press/2019/__icsFiles/afieldfile/2020/01/12/pr004.pdf

 

 


続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 芋田治虫 より:

    伊方原発って写真で見ると、少しでも高い津波来たら終わりじゃね。
    伊方原発の近くで強い地震起きると、原子炉建屋ごと海に落ちるとかいう話もあるし。

  • 匿名 より:

    作業員自身がもう既に体調不良なのかもしれませんね。

  • 匿名 より:

    そもそも土地が狭く災害も多発する日本で原発運用は無理だったんだよ

  • 芋田治虫 より:

    2020年1月12日 11:28 PM
    日本じゃなくても、災害少ない国でも、原発禁止。

  • 匿名 より:

    安全装置みたいな設計にはなってないのか。。。

  • 匿名 より:

    あまり何でもつなげるのはよくないが、
    なぜこのタイミングで伊方原発でMOX核燃料の取り出すのだろう。
    (そもそもMOXの取り出しは国内初の試みだという)
    まさか南海トラフを政府が本気で心配してるとか、ないよね?

  • 匿名 より:

    しょせん、人間のやることだから。
    ミスはあるもの。
    「自分はミスをしたことがない」といえる人だけが、責めれば良い。

  • 匿名 より:

    大学を出た優秀な人間が、選び抜かれて仕事に従事しているし、24時間つきっきりで監視してるはずだ。
    ミスなど、起こり得ない。

  • 匿名 より:

    4:50
    4:51

    オマエ、ネトウヨのフリした
    「反原発厨」
    だろ w
    ところで謝って吊り上げた制御棒は、元の位置に戻したのか?
    戻せないなら、そこの周囲の燃料棒に過剰に核分裂反応が進み、危険なんだが。
    「問題ない」
    って考え方はあり得ない。
    もうこの炉心(燃料集合体)は運転できないな。
    停止!
    そして原発は全て廃止だ!!

  • 村田裕 より:

    こんな場所に原発建設を許した日本に 明るい未来はないでしょうね。(;_;)

  • 匿名 より:

    チェルノブイリといい広島といいそして福島も
    原発事故後は、生物の生態系が事故以前より回復してるという事実。
    何故そうなるのか?
    そもそも原発事態が嘘なのか又は有り得ないと思うが放射能は生物に良いのか?
    日本は、この手の話になると汚い言葉で感情的に潰しにかかる人が
    わんさと湧いてくるけど、海外には手が出せないみたいで調査や議論も進んでる。

    様々の点において日本の情報弱者ぶりは世界のトップクラスかもしれない。

  • 匿名 より:

    犬エチケより。
    > “四国電力によりますと、伊方原発3号機で12日午後、核燃料の核分裂反応を抑える役割がある「制御棒」48体のうち1体が原子炉から引き抜かれるミスがありました。監視カメラで作業員が気付き、原子炉に戻しましたが、およそ7時間1体が引き抜かれた状態が続いた”/
    一応、制御棒は元に戻したようですが・・・
    四電て、アホなん?
    おまいらに原発運転する資格はない。
    というより、原子力自体、人間が制御できるものではないのだ。
    チェルノブイリ、フクイチの事故を忘れたか?
    忘れるようなアホども、大したことないとタカをくくってるような低脳ども、金に転ぶ外道どもが原発を維持することを主張してるんだから、もう恐怖しかない。

  • 匿名 より:

    はい、放射線が生物に与える悪影響を何も知らないネトサポが弱々しく愚にもつかぬ反論(にすらなってない)wを書き込んでいますが、無視。
    .
    [蓮池透さんと回る伊方原発ーこんなにも脆弱なのか]牧田 寛
    https://hbol.jp/195013?display=b
    他、伊方関連の記事がハーバービジネスオンラインに掲載されています。
    それらの記事によると、
    ・ 伊方原発に外部から近づける最短距離は、わずか500メートル。
    ・ とにかく敷地が狭く、特重施設を建設するスペースもない(特重施設とは、重大事故発生時に司令塔として、最前線で使用する建物)。
    ・ 「電力開閉所」が外から丸見え。
    開閉所は事故発生時に内部・外部の電力を切り替える大変重要な施設で、また原発施設として最弱なので、外部から攻撃されない所に設置すべき。
    ・ ほか、周辺道路の狭さ、脆さ(地震時に崩れる)、くねった山道のため ただでさえ避難に時間がかかること、悪天候時は避難不可能と思われること・・・等々、問題点を鋭く指摘。
    .
    必読です!!!

  • ロハスな人 より:

    2020年1月13日 12:43 PMさん>
    チェルノブイリといい広島といいそして福島も
    原発事故後は、生物の生態系が事故以前より回復してるという事実。>
    生態系が回復したことと、『遺伝子異常がおきているかどうか』は話が別です。
     また、チェルノブイリ事故以降ウクライナ全体で『人口が減少に大きくシフト』したことも要注意です。
    ※原発投下後、広島では100年は草木も生えないと言われましたが、微生物特に『放射性物質を無毒化する対放射性性細菌』の働きで放射能が低減し続けて、今は問題なく人が住める都市になっています。(原爆実験をしたアリゾナの砂漠の現地は今も死の大地のままです。)
    放射性物質の拡散量は広島をはるかに上回ると推察される福島はきっちり調べる必要があると思われます。

  • 匿名 より:

    中曽根さんが原発を引っ張ってくるとき、反対派に向かって
    「国を挙げて集めた秀才たちが、細心の注意をもって運転する。その上にミスが絶対に起こらないような仕組みを何重にも用意する」と。また、たとえミスが起きても、炉心は溶けないように設計してある、とも。
    ところかフクシマ(定期)。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next