新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型肺炎に感染した千葉の男性、発覚まで都内に電車通勤!屋形船で10人に発熱などの症状 運転手と濃厚接触

新型コロナウイルスについて、次々と国内で発熱や濃厚接触の報告が相次いでいます。

NHKによると、千葉県で感染が確認された20代男性は今月2日に発熱し、今月13日に新型コロナウイルスと確定するまで普通の肺炎患者と同じ扱いを受けていたとのことです。
6日までに多数の病院を受診しており、4日と7日には東京都内の職場まで電車で通勤していました。
10日になると肺炎との診断を受けて、その後に入院して抗菌薬などによる治療が行われるも症状が改善せず、追加の検査で13日にやっと新型コロナウイルスが判明。

最初の発熱報告から11日も経過していることから、相当な範囲に感染を広げてしまった可能性がありそうです。

また、これとは別件で東京都内で感染が確認された70代のタクシー運転手も、先月に屋形船で行われた新年会に参加していたことが分かっています。この屋形船の新年会には約80人が参加し、その内の10人が発熱などの症状を訴えていると発表されていました。

屋形船に乗っていた濃厚接触者の1人が新型コロナウイルスの陽性反応となっていることから、こちらも複数の感染者が発生したとしても不思議ではないです。

 

従業員も数人…濃厚接触100人のうち屋形船乗船は約80人
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200214-00432179-fnn-soci

感染した男性運転手と濃厚接触をした100人のうち、新年会が行われた屋形船に乗っていた人数が明らかになった。
参加者は、およそ80人。
従業員も数人いるという。
この80人の中の10人の参加者には、発熱などの症状が出ているという。

新型ウイルス感染の千葉県の男性 都内に電車通勤 千葉県調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200214/k10012286001000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

13日、新型コロナウイルスに感染していることが判明した千葉県内に住む20代の男性について、千葉県のその後の調査で、男性は都内に電車で通勤していたことがわかりました。県は東京都とも協力して調査を進めています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!