新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【朗報】海藻のアオサにコロナウイルス抑制効果と中部大学!マウス実験でウイルスが激減、抗体の増加も


藻類の「あおさ」にコロナウイルスを抑制する効果があることが分かりました。
これは中部大学が発表した最新の研究調査結果で、あおさに含まれるラムナン硫酸を培養したウイルスに接触させたところ、高い抗ウイルス作用を示したとのことです。

研究調査ではヒトコロナウイルスと類似している構造を持っているA型インフルエンザウイルスを使って行われ、感染したマウスにアオサに含まれるラムナン硫酸を投与した結果、3日後にウイルスの量が半減。
更にラムナン硫酸を投与すると抗体は7日で約1.5倍、14日で約2.3倍と大きく増殖したとまとめられています。

この研究調査は中部大学の林京子客員教授や化学薬品メーカー・江南化工株式会社、ラムナン研究所が共同で行ったもので、研究チームは調査結果について、「ラムナン硫酸がウイルスのエンベロープ中のタンパク質が生細胞へ付着しようとするのを阻害する、腸管に集中する免疫細胞を活性化して抗体の産生を促進する2つの効果を持つとみている」と報告していました。

あおさは和食にも多く使われている藻類で、スピルリナのようなサプリメントにも入っています。
調査結果通りにコロナウイルスを抑制する効果があるとすれば、お手軽に新型コロナウイルス対策が出来ることになりそうです。

 

海藻の「あおさ」にヒトコロナウイルス増殖抑制効果を確認 ─新型コロナウイルスでの効果にも期待─ (河原敏男教授、林京子客員教授ら)
https://www3.chubu.ac.jp/research/news/25840/

中部大学 生命健康科学部の河原敏男教授別サイトにリンクしますと中部大学大学院 工学研究科の林京子客員教授らは、化学薬品メーカーの江南化工株式会社(三重県四日市市、大谷淨治代表取締役)、ラムナン研究所(西村訓弘代表=三重大学副学長)などと共同で、海藻の「あおさ」(写真)にヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることを確認した。あおさに含まれるラムナン硫酸を培養したウイルスに接触させたところ、高い抗ウイルス活性を示した。現在、中国を発生源として世界中にまん延しつつある新型コロナウイルスは動物から人間に感染したとみられている。ヒトからヒトに感染するヒトコロナウイルスと新型コロナウイルスの構造は類似しており、新型にもラムナン硫酸の効果があると期待している。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!