新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京アラートの撤廃について都の幹部「経済が持たないから」

*東京都
東京都における新型コロナウイルスの警報である「東京アラート」を事実上の撤廃とした理由について、都の幹部が「経済が持たないから」などと説明していることが分かりました。
これは朝日新聞が報道した情報で、都の関係者は取材に「休業要請を続けるのが厳しい」などとコメント。東京都の財政状況が切迫しているとして、新たな休業要請を行うほどの余裕がないと明かしました。

東京都が発表した新たな基準では、数値目標が定められておらず、感染状況や医療体制を総合して判断するとしています。
小池都知事は医療体制に軸足を置くことで、第二波が来ても医療崩壊を防ぐための対応が出来るとしていますが、都幹部のコメントが事実ならば、経済的な理由で基準を厳しくしたのだと言えるでしょう。

都民や企業からも「何処まで警戒すればいいのだ」「基準が曖昧で分かり難い」との声が多く聞こえ、東京都の新基準に不満の声が相次いでいます。

 

東京、コロナ警戒の数値基準撤廃 幹部「経済持たない」
https://www.asahi.com/articles/ASN7177NZN71UTIL03M.html?iref=comtop_8_02

東京都は1日、新型コロナウイルス感染の「次の波」への警戒を呼びかけるための新たな指標の試行を始めた。この日、都内では緊急事態宣言解除後、最多の67人の感染が確認されたが、新指標には数値基準はなく、どこまで警戒すればいいのか、街の人々からは戸惑いの声も上がる。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!