新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

児玉龍彦名誉教授「日本の検査数は世界158位くらいで途上国並」「エピセンター化が大阪や名古屋にも拡大」


国会
東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授が日本の検査不足に警鐘を鳴らしました。

TBSに掲載されたインタビュー記事によると、児玉教授は東京都以外にもエピセンター化(震源地)が広がっていると強調した上で、「今、日本は(検査数が)世界で、人口あたり158位から159位、バングラデシュとかカメルーンに抜かれて、世界の最貧国のグループに入ってますからめちゃくちゃ少ない」と発言。
日本政府に検査数の拡充をするべきだとして、政府が国の総力をあげて対処しなければ間に合わないとコメントしていました。

児玉教授は2週間前に参考人として国会で答弁を行い、そこでも同じように新型コロナウイルスの感染拡大が迫っているとして、日本政府に検査の拡大と封じ込め策の徹底を強く要請しています。

ただ、現時点で検査拡大の動きは限定的な感じがあり、日本政府として本腰を入れているようには見えないところです。
東京オリンピックや経済面ばかりを重視し過ぎて、日本政府は新型コロナウイルスの検査に及び腰となっていると言え、児玉教授のような専門家の意見が政府にちゃんと伝わっているのか疑問があります。

 

「全国の繁華街でエピセンター化」 東大名誉教授が指摘
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4039348.htm?1596007427302

東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授は、日本全国の繁華街で感染拡大の震源地=エピセンター化が進みつつあると危機感を示しました。
「エピセンター(震源地)化が東京だけではなくて、名古屋の繁華街、大阪の繁華街、福岡の繁華街と日本中に及びつつありまして、政府もかなり危機感は高まってると思っています」(東大先端科学技術研究センター 児玉龍彦名誉教授)

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!