新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【酷い】生活保護費を今年10月から減額へ  受給世帯の67%、食費や光熱費でマイナス


政府が予定通りに今年10月から生活保護費の一部減額を実施する方向で調整していることが分かりました。

これは共同通信が報道した情報で、厚生労働省は10月から受給世帯の67%を対象にして、食費や光熱費の部分で減額を決定。
東京都内在住の75歳で単身世帯だと、月7万5000円だったのが、今年10月から7万2000円まで減ることになります。

条件付きで26%の受給世帯は増額となりますが、それでも7割の受給世帯がマイナスとなる政策だけに、事実上の生活保護削減だとして批判を浴びているところです。

既に安倍政権では2度にわたって生活保護基準を引き下げており、今回の引き下げは2018年から段階的に行われている追加の減額対応となっています。
生活保護受給者や野党からは反発の声があるも、そのような意見を無視して引き下げが強引に実施されてしまった形です。

 

67%世帯の生活保護費、減額へ 10月から予定通り、26%は増
https://this.kiji.is/673826961601872993?c=39546741839462401

18年10月から段階的に実施されてきた生活保護の一部減額について、厚生労働省が今年10月も予定通り実施することが2日、分かった。受給世帯の67%が食費や光熱費を減額される。一方、26%は増額となる。既に決まっていた措置だが、新型コロナによる雇用情勢の悪化で生活保護の受給を検討する人は増えており、懸念の声が上がる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!