新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【期待】新型コロナウイルスの抗体、人工的に作製!速やかに選び出す「TRAP提示法」 名古屋大学


名古屋大学と名古屋医療センターの研究グループが新型コロナウイルスの「人工抗体」を作り出すことに成功したと発表しました。

これはNHKや共同通信社は取り上げた情報で、10兆種類の人工抗体の候補から新型コロナウイルスに結合するタイプの抗体を速やかに選び出す「TRAP提示法」という新技術を使って実現。
人工抗体が新型コロナウイルスだけに強く作用することも確認され、9月19日付で研究成果はアメリカの科学雑誌「サイエンス・アドバンシズ」に掲載されました。

今まで抗体を作るのには数週間の時間が掛かっていましたが、素早く目的の抗体を厳選することが出来る「TRAP提示法」の開発により、新型コロナウイルス以外のウイルス感染症にも効果が期待できるとされています。
新型コロナウイルスの検査キットや治療薬の開発が加速することになると期待され、非常に画期的な研究成果だと言えるでしょう。

 

Antibody-like proteins that capture and neutralize SARS-CoV-2
https://advances.sciencemag.org/content/early/2020/09/18/sciadv.abd3916

To combat SARS-CoV-2 and any unknown emerging pathogens in the future, the development of a rapid and effective method to generate high-affinity antibodies or antibody-like proteins is of critical importance. We here report a high-speed in vitro selection of multiple high-affinity antibody-like proteins against various targets including the SARS-CoV-2 spike protein. The sequences of monobodies against the SARS-CoV-2 spike protein were successfully procured within only four days. Furthermore, the obtained monobody efficiently captured SARS-CoV-2 particles from the nasal swab samples of patients and exhibited a high neutralizing activity against SARS-CoV-2 infection (IC50 = 0.5 nM). The high-speed in vitro selection of antibody-like proteins would be useful for the rapid development of a detection method and a neutralizing protein against a virus responsible for an ongoing, and possibly a future, pandemic.

名古屋大学 新型コロナ 人工の抗体 速やかに作ることに成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200919/k10012626211000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

新型コロナウイルスに感染すると体内にできる「抗体」と同様のたんぱく質を速やかに人工的に作ることに名古屋大学などの研究グループが成功し、細胞への感染を抑えることも確認できたと発表しました。研究グループは、新しい治療薬の開発などに応用できる可能性があるとしています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!