新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチン接種後に容態急変、30代男性が死亡 異物混入の対象ロット番号を使用 父親「安全な接種を」


新型コロナウイルス用のワクチンを接種した後に、数日程度で容態が急変し、死亡した30代男性の報告がネット上で注目を集めています。

話題となっているのは、中国新聞が取り上げたモデルナ製のワクチンを接種した後に死亡した広島県南部の会社員男性(30)に関する記事です。
亡くなった男性は7月18日に1回目、今月22日に2回目の接種を受け、23日に40度を超える発熱症状を報告。
勤め先を欠席して解熱剤を服用したところ、24日には平熱に戻って出勤するも、翌朝に布団の上でぐったりしている姿を発見され、死亡が確認されたとのことです。

この男性には基礎疾患やアレルギー歴などは無く、ワクチン接種が何らかのトリガーになったのではないかとして物議を醸しています。

また、男性が2回目に打ったワクチンのロット番号は「3004734」で、いわゆる異物混入が報告されたワクチンでした。
因果関係は不明とされていますが、同じようなワクチン接種後の急変報告は複数あり、ワクチンに対する不信感を高める材料となっています。

人によっては体質でワクチンを受け付けない人も居るのではないかと推測され、ワクチン接種をする前に「自分は大丈夫なのか」と自分自身でシッカリと考えておく必要がありそうです。

 

接種後死亡の男性、解熱後に急変 父親「まさか息子が」 使用保留のロット 広島
https://news.yahoo.co.jp/articles/c734df05ae56887dd1e3fa7f49fb43e8ffc8384f

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物が混入していた問題で、広島県南部の会社員男性(30)が、使用を見合わせているロットのワクチン接種後に亡くなっていたことが29日、分かった。厚生労働省が28日に公表した30代男性2人の死亡事例のうちの1人とみられる。会社員男性の父親(63)が中国新聞の取材に応じ、息子を突然亡くした悲しみや接種後のケア体制などについて、胸の内を語った。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!