新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍首相の放送改革に岸田文雄政調会長が疑問 「慎重に取り組むべき」

*岸田
安倍晋三首相が放送制度の見直しに言及した問題で、自民党の岸田文雄政調会長から懸念の声が出ています。

安倍首相が公正中立な番組内容を定めた放送法の撤廃を求めている件について、テレビ番組の中で「公序良俗の維持など大きな役割を放送法が担っていることも頭に入れながら、慎重に取り組むべき課題だ」とコメント。

また、放送制度の変更による影響に関しても「技術的な観点だけではなく、言論や民主主義についてしっかり考えていかないといけない」などと触れて、日本の様々な面に影響を与えると指摘したと報じられています。

どうやら、自民党の内部ではまだ具体的な議論はしていないようで、岸田氏を始めとする自民党議員らは放送改革に困惑しているみたいです。

 

放送法見直しに慎重=自民・岸田氏
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040200897&g=pol

 自民党の岸田文雄政調会長は2日、BS11の番組収録で、放送番組の政治的公平などを義務付けた放送法4条を撤廃する案が政府内で浮上していることについて、「公序良俗の維持など大きな役割を放送法が担っていることも頭に入れながら、慎重に取り組むべき課題だ」と指摘した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!