新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新潟県の五頭連山で親子の遺体、行方不明の親子で確定 子供の空くんが重なるように・・・


5月29日に新潟県阿賀野市の五頭連山で親子の遺体が発見されました。

地元警察は司法解剖を行い、遺体は5月6日から行方不明となっていた会社員の渋谷甲哉さん(37)と、小学1年の空くん(6)であると発表。
しばらく前から注目を浴びていた遭難事件が最悪の結果になったと言えるでしょう。
発見された当時の遺体は渋谷さんの上に空くんが重なるようにうつぶせに倒れていたと報じられています。

ネット上では親子が行方不明になった場所や発見された場所に驚きの声が相次いでいます。場所は2人が向かったとみられる松平山(954メートル)から南西に約1.7キロ離れた「コクラ沢」の斜面で、一般の登山から見事に離れて孤立していました。
装備不足や子供を連れた登山が遭難の原因になったと見られ、実際に行方不明となった場所の近くを歩いて検証した人も居ます。

5月でも雪が降るほどに気温が冷え込むことがある山で、今回の事件をキッカケにして登山の危険性や対策を訴える声が相次いでいるところです。

 

五頭連山で発見の遺体、身元は不明の親子 新潟・阿賀野
https://www.asahi.com/articles/ASL50365YL50UOHB006.html

 新潟県阿賀野市の五頭連山で29日に発見された2人の遺体について、県警は31日、行方不明になっていた親子だったと発表した。2人は5日、山に登り、6日に連絡がつかなくなって県警などが捜索していた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!