消費者庁が豪雨被災地での食中毒に注意喚起!「土砂などで衛生環境が悪化する恐れ」


今回の豪雨で被災した地域を対象にして、消費者庁が食中毒に注意を促しました。

消費者庁の公式ツイッターは「豪雨による浸水・土砂災害等により、衛生環境が悪化し、食中毒が発生しやすくなります。石鹸による手洗い等、食中毒予防を徹底しましょう!」と述べ、手洗いなどをシッカリとやって食中毒を予防するように呼び掛けています。

過去には避難所で提供された食事が原因となって食中毒が発生したこともありました。この時期は気温や湿度の関係から食中毒が発生しやすいこともあり、被災地では普段以上に警戒が必要だと言えるでしょう。

消費者庁 食中毒の予防http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/food_safety/food_safety_portal/microorganism_virus/
調理の前に石けんで丁寧に手を洗う。
野菜などの食材を流水できれいに洗う(カット野菜もよく洗う)。
生肉や魚などの汁が、果物やサラダなど生で食べるものや調理の済んだものにかからないようにする。
生肉や魚、卵を触ったら手を洗う。
包丁やまな板は肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて使い分けると安全。
冷凍食品の解凍は冷蔵庫や電子レンジを利用し、自然解凍は避ける。
冷凍食品は使う分だけ解凍し、冷凍や解凍を繰り返さない。
使用後のふきんやタオルは熱湯で煮沸した後しっかり乾燥させる。
使用後の調理器具は洗った後、熱湯をかけて殺菌する(特に生肉や魚を切ったまな板や包丁)。台所用殺菌剤の使用も効果的。
調理の前に手を洗う。
肉や魚は十分に加熱。中心部を75℃で1分間以上の加熱が目安。
⑤食事 食事
食べる前に石けんで手を洗う。
清潔な食器を使う。
作った料理は、長時間、室温に放置しない。

続きを読む

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)