新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

広島平和記念式典、安倍首相は核兵器禁止条約に触れず!被爆者団体からは署名・批准の要請


8月6日に広島県で平和記念式典が行われ、その中で安倍晋三首相は最後まで核兵器禁止条約に触れることがありませんでした。
安倍首相の演説は大部分が昨年の焼き直しで、核兵器の削減を訴えるも具体的な内容は乏しい印象だったと言えます。特に国連で採択された核兵器禁止条約には全く触れず、参加を示唆することも一度も無かったところです。

核兵器禁止条約を巡っては被爆者団体からも署名や批准を求める声が相次いでいますが、安倍政権は「条約とは考え方、アプローチを異にしている。参加しない考えに変わりない」として参加は拒否しています。
唯一の被爆国である日本が参加していないことに海外からも疑問の声が多く、日本の不参加に依然として批判や反発は根強いです。

 

核兵器禁止条約不参加「変わりない」
https://mainichi.jp/articles/20180806/k00/00e/010/199000c

安倍晋三首相は平和記念式典の後、広島市内のホテルであった被爆者7団体の代表らが参加する「要望を聞く会」に出席した。被爆者側からは、被爆国として核兵器禁止条約への署名・批准を求める声が相次いだが、安倍首相は「条約とは考え方、アプローチを異にしている。参加しない考えに変わりない」と不参加を明言した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!