新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

会計検査院がGPIFの年金運営に警鐘!昨年末に約15兆円の赤字、資産の約1割が消える 「国民に丁寧な説明を」


会計検査院が「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」の年金運営に問題があるとして、国民に丁寧な説明をするように要請しました。

4月24日に会計検査院は国会及び内閣への随時報告を行い、その中で「公的年金の株式運用の割合が増加してリスクが上昇している」と指摘。具体的には2018年10~12期の数字を取り上げ、僅か3ヶ月の間に14兆8039億円の赤字が発生したとして改善を促しています。

そして、年金積立金は国民から徴収された保険帳の一部であり、将来の年金給付の貴重な財源であるとして、「国民の利益のために長期的な観点から安全かつ効率的に行うことにより、将来にわたって、公的年金制度の運営の安定に資することが、従来にも増して強く求められている」と報告書の中で言及していました。

2018年後半の株急落で年金資金の1割が消し飛び、現在の年金資金が約150兆円まで低下しています。株式の比率が高まったことで株価の下落が年金資金と直結するようになり、遂に会計検査院も警鐘を鳴らした形だと言えるでしょう。
他にも運営情報の透明化なども要請していますが、政府側に改善しようとする具体的な動きは無いです。


 

会計検査院法第30条の2に基づく国会及び内閣への随時報告
http://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/31/h310424.html

会計検査院は、平成31年4月24日、会計検査院法第30条の2に基づく国会及び内閣への随時報告を行いました。

「年金特別会計及び年金積立金管理運用独立行政法人で管理運用する年金積立金の状況等について」
会計検査院は、平成23年12月に参議院から、年金積立金(厚生年金及び国民年金)の管理運用に係る契約の状況等について会計検査を行いその結果を報告するよう要請を受け、24年10月にその検査結果を「年金積立金(厚生年金及び国民年金)の管理運用に係る契約の状況等に関する会計検査の結果について」として取りまとめて、参議院に報告している。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!