新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

台風13号が首都圏に上陸へ!関東地方で最大400mm予想、豪雨が数日継続の恐れも


8月8日から9日にかけて、強い台風13号が首都圏に上陸する可能性が高まっています。

気象庁によると、台風13号は7日夕方の時点で八丈島の東南東の海上にあり、1時間におよそ20キロの速さで北北西へ移動しているとのことです。中心の気圧は970ヘクトパスカルで、最大瞬間風速は50メートル。
関東地方への上陸は8日夜遅くから9日昼の間だと予想されています。

予想されている雨量は9日正午までの24時間で、関東甲信地方が300mmから400mm、東北地方で200mmから300mmとなっていました。
今回の台風はスポードが遅いことから豪雨が長期化する恐れもあり、浸水や洪水、土砂崩れにも警戒が必要です。

 

台風第13号 (サンサン)
https://www.jma.go.jp/jp/typh/1813.html


平成30年08月07日18時45分 発表
<07日18時の実況>
大きさ –
強さ 強い
存在地域 八丈島の東南東約390km
中心位置 北緯 31度40分(31.7度)
東経 143度35分(143.6度)
進行方向、速さ 北北西 20km/h(10kt)
中心気圧 970hPa
中心付近の最大風速 35m/s(70kt)
最大瞬間風速 50m/s(100kt)
25m/s以上の暴風域 全域 100km(55NM)
15m/s以上の強風域 東側 560km(300NM)
西側 390km(210NM)

台風13号…大雨長引くおそれ 関東上陸か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00010006-houdoukvq-soci

強い勢力の台風13号が、日本列島に接近している。8日から9日にかけて関東地方に接近し、上陸するおそれがある。
雨が長引くおそれがあり、厳重な警戒が必要となる。
日本の南を北上中の台風13号は、8日から9日にかけて、暴風域をともない、関東地方にかなり接近するおそれがある。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!