新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、サマータイム(夏時間)の導入検討を指示!自民党「政調会長と話をして進めたい」

*官邸
安倍晋三首相がサマータイム(夏時間)の導入について、具体的な法案の作成や準備の指示を自民党にしたことが分かりました。

報道記事によると、安倍首相は今月7日午前に森喜朗会長と首相官邸で会談し、大会期間中の暑さ対策としてサマータイム(夏時間)の導入を検討するよう自民党に指示する意向を示したとのことです。

同席した遠藤利明・組織委員会会長代行は記者会見で「内閣として考えるが、党で先行して議論してほしい」と述べ、安倍首相が前向きにサマータイムを検討していると言及。

これから自民党内で議論を行うとして、早ければ秋の臨時国会に法案を提出する方針です。サマータイムの導入を巡っては菅官房長官から否定的な発言が出るなど、与党内部の意見もまとまっていません。
今の案だと2020年前後だけに限定して、2時間ほどのサマータイムを導入するという感じで、国民生活への影響が強く懸念されているところです。

 

サマータイム、自民で検討=東京五輪の猛暑対策―安倍首相表明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000026-jij-pol

 安倍晋三首相は7日午前、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(元首相)と首相官邸で会談し、大会期間中の暑さ対策として、サマータイム(夏時間)の導入を検討するよう自民党に指示する意向を示した。

森氏によると、首相は夏時間について「大変国民の関心が高い。国民生活全体に影響することだから、党で意見聴取をよくしなければならない」と述べた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!