新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

来年度予算案が約102兆円、過去最大となる可能性が浮上!5年連続で100兆円


2019年の予算案が過去最大となる可能性が浮上しています。

NHKのまとめによると、厚生労働省が要求している「社会保障費」が少子高齢化の影響で膨張しており、これだけで過去最大の31兆8956億円になるとのことです。

防衛省も新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の取得経費などで予算が増え、こちらも過去最大の5兆2986億円。相次ぐ災害から国土交通省の予算案も6兆9070億円と増額傾向で、国債の償還や利払いに充てる「国債費」の要求額は24兆5874億円となっていました。

これらの数字を合わせると約102兆円となり、最大規模の予算案になる見通しです。100兆円台を超えたのも5年連続で、予算が大きく減る気配はありません。
*他にも公務員給与などもアップ。

 

来年度予算 概算要求 一般会計102兆円台に 過去最大の可能性も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180831/k10011600941000.html

国の来年度予算案の編成で、各省庁からの概算要求が31日、締め切られ、一般会計の総額は社会保障費が膨らむことから、102兆円台となり過去最大となる可能性も出ています。歳出圧力が強まる中、年末の予算編成に向けては、財政の健全化とのバランスをどうとるかが問われることになります。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!