新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕!体調の回復から取り調べが可能と判断 戦後最悪の放火事件


*京アニ放火事件

2019年7月に京都市の「京都アニメーション」でスタジオが放火され、スタッフら36人が死亡し、33人が重症となった事件について、治療状態となっていた青葉真司容疑者(42)を正式に逮捕したことが分かりました。

青葉容疑者は拘束時に全身やけどの状態で、警察の取り調べに応じることは不可能と判断され、それからずっと治療が継続。
5月27日午前8時過ぎに青葉容疑者を乗せた車両は伏見警察署に入り、これから本格的な聞き取り調査を行うとしています。

この放火事件は世界中でも大々的に報道され、京都アニメーションを支援するための呼び掛けが広がり、最終的には33億円を超える寄付金が集まりました。
京都アニメーションは去年9月から業務を再開し、映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を公開するための準備を進めています。

新型コロナウイルスの影響で公開はやや遅れていますが、それでも京都アニメーションは着実に会社を立て直して、前に踏み出そうとしていました。

 

京アニ放火事件 青葉真司容疑者を逮捕 放火や殺人などの疑い
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200527/k10012446581000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

去年7月、京都市にある「京都アニメーション」のスタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、警察は治療が続けられていた青葉真司容疑者(42)を事件から10か月余りがたった27日、放火や殺人などの疑いで逮捕しました。入院していた京都市内の病院から警察署に移送し、本格的な取り調べを始めることにしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!