新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、憲法改正に強い意欲!「自衛隊を明記して違憲論争に終止符を打つ」


安倍晋三首相が改めて憲法改正に強い意欲を示しました。

報道記事によると、安倍晋三首相は名古屋市の党会合の挨拶で、「憲法に自衛隊を明記して違憲論争に終止符を打つ、それこそが今を生きる政治家の、自民党の責務だ」と述べ、憲法改正の必要性を強調したとのことです。

前々から安倍晋三首相は憲法改正に言及していましたが、自民党総裁選に合わせて発言することで、憲法改正に向けた党内結束を固める狙いがあると見られています。

一方で、改憲派の集会だと首相権限を強化する緊急事態条項の必要性を強調する発言が聞こえ、安倍首相の真の狙いは自衛隊よりも緊急事態条項の新設だと指摘する声も多いです。

 

安倍首相「憲法に自衛隊明記し違憲論争に終止符を」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180830/k10011600251000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

来月の自民党総裁選挙への立候補を表明している安倍総理大臣は名古屋市で開かれた党の会合であいさつし、「憲法に自衛隊を明記して違憲論争に終止符を打つ」と述べ、憲法改正を目指す考えを重ねて示しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!