新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、観閲式で憲法改正に強い意欲!F35Aや水陸両用車も!「自衛隊員が任務を全うできる環境を」

*官邸
安倍晋三首相が改めて憲法改正に強い意欲を示しました。

10月14日に埼玉県の陸上自衛隊朝霞訓練場で行われた観閲式に参加した安倍晋三首相は演説中に、「次は、政治がその役割をしっかり果たしていかなければならない。すべての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えることは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法改正は必要不可欠だと言及。
政治家は憲法改正で自衛隊が任務を全うできる環境を整える必要があるとして、近い内に憲法改正を行う方向で考えていると発言していました。

安倍首相は前々から自衛隊の存在を憲法に明記すると発言しており、改めて観閲式という公の場で宣言することでその決意を示したのだと思われます。

今回の観閲式には最新鋭のF35Aステルス戦闘機や輸送ヘリコプター・オスプレイ、水陸両用車・AAV7、大型輸送機C-2なども参加し、新しい自衛隊の装備に観客もかなり興奮気味となっていました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!