【話題】台風24号で消し飛んだ灯台、海底で発見される!約250メートルほど移動!鹿児島県


先月の台風24号で吹き飛ばされた灯台が発見されたと話題になっています。話題になっているのは鹿児島県奄美大島の名瀬港にあった長さ11メートルの灯台で、先月30日からコンクリート部分の基礎を残して根本から行方不明になっていました。

NHKが報道した記事によると、奄美海上保安部が音波探知機を使って周辺の海を捜索した結果、約250メートルほど離れた海底から折れた灯台が丸ごと発見されたとのことです。
また、今回の調査で灯台を固定していたステンレス製のボルト16本が全て錆びていたことも確認され、強度不足を含めて灯台が壊れた原因を調査するとしています。

ネット上では灯台が発見されたことに驚きの声が多く、「見てみたい」「新たな潜水スポットになるかも!」などと様々な意見がありました。
ただ、この台風で灯台が予想以上に脆かった事実も露呈したと言え、強度不足があるとすれば、かなり深刻な問題になるかもしれません。

 

台風で消えた灯台 約250m離れた海底で発見 鹿児島 奄美大島
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181014/k10011670901000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005


先月、鹿児島県の奄美大島で台風24号が接近したあと、根元からなくなっていた灯台が13日、250メートルほど離れた海底に沈んでいるのが見つかり、海上保安部は今後、引き揚げて詳しい原因を調べることにしています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)