ヘッドライン

看護師は暇人?小泉進次郎氏の提言に批判が相次ぐ!「医者は看護師などへの業務移管を」

*小泉進次郎
自民党の小泉進次郎氏が医者の働き方改革について言及したところ、国民からは批判の声が相次いでいます。

小泉進次郎氏は神奈川県横須賀市の講演会で「アメリカなどでは、予防接種は薬局でやるもので、病院には行かないが、日本では法律で医療行為は医師しかしてはいけないことになっている。看護師や薬剤師にできることがもっとあるはずだ」と述べ、医師の負担を看護師や薬剤師に分散させるべきだと主張。
予防接種のような医療行為の業務委託を合法とするべきだとして、日本の医療制度を変えるべきだと強調していました。

これに対して国民からは「看護師は暇人ではない!」「日本と海外では環境が違う」「医者不足の根本的な解決をしていない」というような批判の声が相次ぎ、ネット上で物議を醸しています。小泉進次郎氏は医者の仕事を他の役職に分散させることで負担軽減に繋がるとしていますが、大前提として医者不足の問題が深刻化していることから、先に医者への支援制度や就職支援を充実させたほうが効果的だと言えるでしょう。

 

自民 小泉氏 医師の働き方改革で“看護師などへの業務移管を”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190309/k10011841871000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

長時間労働が問題となっている医師の働き方改革に向けて、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は、看護師や薬剤師への業務の移管などについて議論を進める考えを示しました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

平成ロボット にコメントする コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    単価の高い医者を増やすより、看護師を増やしたほうがまだ良い、ってことだと思うけど…
    きっと、「国民負担となる医療費上げてもいいから、医者を増やせ」と言う国民の声だな。
    国民負担を増やせ!
    国民負担を増やせ!

  • 匿名 より:

    看護師のお勉強しようとしないオバカな婆さんがのさばっているのを一般人は知らないからなぁ〜
    まぁ女性達こそ変わらなければこの国は終わるね
    公私混同してる女性は排除するしかないかな・・・!?

  • 匿名 より:

    小泉の「言葉足らず」には相変わらず困ったもので・・・
    小泉の言う事には正しいところもアリっちゃぁアリです。
    「医師不足」なのは言う及ばず、まずそこから対策を立てなきゃならない、という話がまず前提ですが。

    そのうえで。

    地方の田舎では医療資源が乏しく、医師不足と軽々に言いますがまず簡単には医師を確保できません。もちろん看護師も絶対的に足りませんし業務はヒマではありません。
    しかし、バイタル(血圧や脈拍等)を取ったり、気管チューブ送管等といった看護師でも「一連の流れで」行ってもらいたい業務は行ってほしい、というのが趣旨です。地方病院ではむしろこの流れは必須と言えるかもしれません。

    「医師不足」というだけでなく、「医師の勤務の質」も問われています。今や医師の超勤は100時間超えはザラです。夏季休暇も取れませんし、年次休暇も取れません。
    例えば、医師の「事務補助」には「医療クラーク」という制度が導入されています。同じように少しでも医師の業務軽減は必然、とも言えます。

    もちろん、看護職員もヒマではないですから、合わせて人員を整備してもらわないと困りますし。

  • 匿名 より:

    もういい加減、自民の口だけ立派は秋田!
    すり替え、改ざん、恫喝しかしない。

    そろそろ特別凄くなくてもいいから国民考える政治家が出てきてほしい。

  • 匿名 より:

    ついでに。

    「医師不足」も問題ですが、それ以上に問題なのは「医師の偏在」です。要するに、都会の個人医・開業医はいっぱいいても、地方の勤務医はカツカツ、というワケです。
    近所のある病院には循環器・脳外科医の常勤医がいません。応援医師がかろうじて。夜間、心臓病や脳疾患で救急来院したらアウト、です。しかも大学病院までは救急車で2時間かかります。まず患者は助からないでしょう。

    医者も人間ですから、田舎暮らしよりは都会暮らしの方が暮らしやすいでしょ。当直がありキツい勤務医よりは、自分の都合でラクに仕事できる開業医を選ぶでしょう。だから地方の「医師不足」がおきるのです。小泉にはまずここに切り込んでほしかったですね。

  • 匿名 より:

    >看護師は暇人?小泉進次郎氏の提言

    こうやって書くことで小泉進次郎が「看護師は暇人」と言ったように誤解させるんですね
    言ってないことをさも言ったかのようにデマを広める
    それを信者に拡散させる
    フェイクニュースはこうやって生まれます

  • 匿名 より:

    2019年3月10日 1:10 PM
    足立某はぱよちんなのですね。なるほどなるほど。

  • 匿名 より:

    重要な問題なんだから「ぱよちん」などとオチャラけないでほしいな。

  • ななし より:

    医者増やしても、耳鼻科、眼科、皮膚科などが増えるばかり。潜在医師、看護師を現場に戻せばよい。実際「医者も看護師」も不足していない。資格だけとって働いていない人が多いだけ。国民負担も増やして良い。生保の人も1割負担させるべき。

  • 匿名 より:

    >医者増やしても、耳鼻科、眼科、皮膚科などが増えるばかり。

    根拠なし。耳鼻科、眼科、皮膚科のない(休診中の)総合病院も多数。

    >潜在医師、看護師を現場に戻せばよい。

    即戦力ならいいが、ブランク等「使えない」医師・看護師なら逆に足手まとい。

    >生保の人も1割負担させるべき。

    それとこれとは別問題。生活保護でも自己負担ありの例もすでにあります。

  • 匿名 より:

    医師の独占業務を看護師にも出来るようにして
    医療過疎地域の医師不足を解消するための小泉提案
    医師不足解消と医療費抑制のダブル効果を狙える画期的提案と思う
    医師会などの既得権者の反対を押しのけて頑張れ小泉jr

  • 匿名 より:

    看護師がもっと権限を持てるようにすること自体は賛成だけど。

    こいつのはただ看護協会や薬剤師会の支持を得ることが目的だろ。
    たぶん何も考えてないから、もっと悪口言ってやれ。

  • 匿名 より:

    一番暇なのは患者だろう。
    待合室に研修用ビデオ流して、自分で出来そうな人は打てばいい。
    その代わり、費用を安く自己責任で。

  • 国粋.sega より:

    どこぞの勢力の意向を汲んだ発言?

  • 匿名 より:

    医療行政がいびつなのは、製薬会社が儲け過ぎてるからじゃないのかと素人目には思えてしまう

    薬九層倍(クスリクソウバイ)は必要悪なの?

  • 現役看護師 より:

    看護師の仕事わかってますか?毎日走り回ってクタクタですよ。仕事量と残業に見合わない給料で危険行為も医師の指示でおこなうこともあります。
    医師や看護師の保証も少ないから辞める人が多いんじゃないんですか?医療も何知らない素人がすぐに訴えますから外科医や小児科や産婦人科などは減って行くんですよ。危険な少なく利益がある美容整形とかの方がメリット多いですからね。
    医療従事者の保証がもっと充実させなければ増えませんよ。慈善事業じゃあ飯は食えません。
    もっと現場を知ってからお話しするべきだとおもいます。

  • 匿名 より:

    小泉のファンの方達はこれからしっかり育てたら立派な政治家になってくれると信じて応援してるらしいが、親父は自民党をぶっ壊すと言って結果は庶民の暮らしをぶっ壊した人ですよ。 そのルーツを考えればゆくゆくは立派な売国政治家が完成するだけです。

    机上の空論で点数稼ぎ?

  • 国粋.sega より:

    製薬も医療機器も研究開発が必要とはいえ、
    もう少し何とか成らんもんなのかねえ(素人

  • RMJ より:

    医師不足と看護士不足のダブルパンチなのに、相変わらず現実逃避で小手先だけとはね

  • 匿名 より:

    看護師の仕事量ご存知ですか?
    雑用から精神的ケア、終末期まだ心身ともにすり減らし仕事しています。
    また、家庭での仕事もあります。よっぽど、無駄な医療費を必要のない人に延命治療を希望する人達をどうにかした方が良いのでは?

  • 匿名 より:

    医師の長時間労働は、既に持続不可能な世界に入っている。コレをどうしたら上手く継続していい仕事が出来る環境にするか、大問題。大体、いい医者こそが、疲弊しまくって今にも倒れそうなのだ。コレは何とかしないと、みんなが負の影響下に入る。先ず、医師の仕事範囲が本当に適正なモノかどうか、ジックリ議論と研究を積まなければならない。ここのコメント欄にも、かなり色々な意見が出て来ていて、興味深く読ませてもらった。看護師の地位向上は必須だと思う。十分な知識と誇りを持って働け、十分な対価が支払われる環境に変えて行くべきだ。医師と看護師は、役割が違うだけの、互いにリスペクトし合う関係にしなくてはならない。これは人間として一人ひとりが、どう生きるのか、という哲学的な問題にまで広がる、大問題である。という、意識が居ると思う。

  • 匿名 より:

    この記事しか見てないのでなんとも言えませんが、医師が不足しているのは事実。全てを否定せず、移行できるところは移行してもいいと思う。しかし、看護師のレベルも低くなっているので、研修をするなどしないと難しいと思う。

  • 匿名 より:

    こんな世間知らずのおぼっちゃまの口先だけの話が、まともに思えてしまう今の自民党って素晴らしいです。
    もう後戻りはできません。行き着くとこまで行かないと。

  • リアルゴリラ より:

    ウチの100歳近い婆様が年末から足の骨折に肺炎と立て続けに入院をしているのですが、仕事とは言え看護師さんの甲斐甲斐しいお世話には本当に頭が下がります、それに引き換えウチの婆様ときたら機嫌が悪けりゃ憎まれ口を叩いたりして本当に憎ったらしい年寄りで申し訳ないの一言ですねー。
    話は逸れましたが小泉氏は決して ”看護師は暇だから仕事を増やせ” と言ってる訳ではないでしょうが、看護師の ”権限を増やせばそれだけ責任も重くなる” のですが、”責任が重くなればそれだけ賃金を増やさなければ割に合わずに更に人手が減る” 可能性も出て来るという事ですねー。 貪欲に権力をかき集めて責任は一切取らない政治屋が多数いる政党ではこの事すら理解出来ない人がいそうですが…。
    ヘタをすれば医療ミスが増えるだけでなく医療費も跳ね上がるかもしれませんねー。

  • 匿名 より:

    > 無駄な医療費を必要のない人に延命治療を希望する人達をどうにかした方が良いのでは?
    .
    来たな〜〜長谷川豊の「透析患者は死ね」的医療費削減論者!
    おまえネトウヨだろ?
    しかも日本語 変だし w

  • 匿名 より:

    医療の仕事の大部分は看護師がやってるのだから
    居ないと成り立たないって理解しているのだろうか
    その中でも医者の指示・監督なしでは出来ない処置があるのが結構手間になってるとも聞いた事はある
    しかしそれは、それだけリスクのある処置なのだろうから
    背負う責任分の報酬は用意すべき

  • 匿名 より:

    えっ!看護師は、暇人?
    何処の何を見て言っているの?
    医者も不足しているけど、看護師は、もっと不足しているけど!
    医療福祉の仕事は、膨大です。
    小泉さん、もう少し、現場を回って良く見て勉強しなさいよ!

  • 匿名 より:

    まあ富裕層には、下々の実態なんかわかんないよな。
    代理店の指南もらって親近感で売ってる小泉進次郎、時々こうやって正体バレることするよね。

  • 匿名 より:

    議員辞め 俳優になれ! 進次郎…

  • 匿名 より:

    注射を打つ行為は看護師でも可であるが、何を打つかの判断まで看護師は出来ない。

    予防接種であっても副作用の判断が看護師では出来ない。

    自民党の小泉進次郎は医療過誤によって、日本人を絶やしたいのだろう。

    売国奴の発言である。

  • 匿名 より:

    看護師は暇じゃねー、って声は看護師を増やせば良いんじゃない?
    医者増やして医療負担を増やして良いってこと?

  • 匿名 より:

    そもそも「予防注射は暇人が打つもので、医者は暇だから打ってる」って解釈なんだよな?
    暇だから売ってるわけじゃねーだろ?
    医者には医者にしか出来ないもっと高度なことやれってことじゃないの?

  • 匿名 より:

    看護師というか注射師とか資格制度でもつくればいいだろ。
    予防注射は手術ほど難しくないぞ。
    いちいち批判するよりどうすればいいのか提言したほうがよほどまともだ。

  • アホ左翼 より:

    相当な勘違いと被害妄想。

    >注射を打つ行為は看護師でも可であるが、何を打つかの判断まで看護師は出来ない。

    「何を接種するか」は医師の指示並びに処置伝票が来るので看護師でも判断は可能です。

    >予防接種であっても副作用の判断が看護師では出来ない。

    副作用の「発生する可能性」は分かっても、その「実際発生するか」の判断は看護師・薬剤師どころか医師にも誰にもわかりません。

    >自民党の小泉進次郎は医療過誤によって、日本人を絶やしたいのだろう。

    医療過誤を好んで起こす馬鹿な医療機関などありません。思い違いも甚だしいです。

    >売国奴の発言である。

    極論です。阿呆な陰謀論を提示する前に医師不足と医師の偏在化を正すのが先です。

  • 匿名 より:

    >自民党の小泉進次郎は医療過誤によって、日本人を絶やしたいのだろう。

    >売国奴の発言である。

    せっかくいい感じで医療従事者と思われる方のコメントが散見されたのに、こんな阿呆な陰謀論が出て台無し・・・もうこの記事では医療従事者以外はコメントするな。馬鹿すぎて見るに堪えない。医療にかかわらない奴は何もコメントするな。

  • 匿名 より:

    実際には看護師には責任が無いので皆が思っているよりは楽!
    日進月歩の中、何も考えずに返って体を動かし、患者の傍で如何にも働いている方が患者受けはいいが、全ての責任事項は院長含め医師にかかってくるし、女性特有の嫌らしさは無視してはならない。
    器用でやる気ある男性看護師を増やすのが得策だが、バカな恥ずかしさで訴える日本社会じゃまぁダメかもね・・
    単純作業も慣れれば楽で、何ごともイメージで決めると、まさに無責任トランプ大統領誕生だね(笑)

  • 匿名 より:

    できる行為の幅を増やしてくれるのは、助かるなー。例えば継続処方の指示入力とか検査入力とか。もちろん医師に確認はしますが。
    救急対応とか手術終わるの待ってからだと医師も看護師も帰れないし。なにより急変起きたとき誰も医師が向かえない状況だと困る……
    対等に医師と看護師が話せるようにはなれないのかな。チーム医療と現代では言われるものの負担は特定職種に偏ってると思います。それが医療離れを引き起こしてるのでは??
    それと延命可能定義を作成するとか…。
    現場でいるとこういうことで日本は財政難になってるのかなと思うことよくあります。
    現場ではなかなか一般では思い付かない、想像しにくいことが多くあります。まずはその現場を把握してから、意見を述べられては?

  • 匿名 より:

    医療従事者です。小泉さんの意見も一理あります。現場で一番患者さんと関わっているのは看護師で、医者しか出来ない医療行為をすぐ看護師が出来るってのは医者の負担軽減に繋がると考えるからです。看護師大変ですが。

  • 匿名 より:

    小泉を腐そうとしたパヨ討死で涙目w

  • 匿名 より:

    ありだと思うけどな。医者は育てるまでに時間と金がかかるし、適当に質の悪い医師を増やすより、看護師の知識や技量でできることは分担した方がよいと思う。

  • 匿名 より:

    医師の負担を看護師らに分散させるって…
    看護師はガチで忙しいのに、そんな事出来るわけない。それに、働き方改革に矛盾する。
    何で政治家は頭でっかちなヤツばかりなの?
    ほんとに。

  • 匿名 より:


    じゃあ、対案は?
    1、医者を増やす
    2、予防注射を無くす
    3、看護師を増やす
    今、1ばかり求められてるけど、1が最善だと思う?
    意図的に問題の本質を逸らして、批判するための批判になってる。
    現場のことをよく知ってる人間なら対案も具体的に提示できるんじゃない?

  • 匿名 より:

    そもそも労働環境が過酷なのは看護師も同じで、人員も全く足りていない。
    夜勤や生死に関わる医療行為で、身体的にも精神的にも負担が大きく、辞めて潜在看護師になる者も多い。
    看護師に医師のハイリスクな医療行為を委託して待遇が変わらないなら、ますます看護師不足も加速するだろう。
    アメリカでは、気管挿管などの医療行為を看護師が行えるが、年収も1000万円超えで日本の医師クラスだ。
    看護師の社会的地位も高い。
    まずは医学部の定員を増やし、労働環境を整備しなければ医療崩壊は解決しない。

  • 古武康至 より:

    私が見ている限り暇な看護師さんは見ないです。ワクチン、点滴その他多種類の注射を医師じゃなく看護婦さんにしてもらっています。お医者さんに注射針を刺されたのは、骨髄液採取とヒアルロン酸を膝に受けた時だけした。

  • 匿名 より:

    医師免許が無くてもできる仕事は致しません。
    看護師資格が無くてもできる仕事は致しません。

  • 匿名 より:

    医者不足

    医科大学での、女性差別が悔やまれるね。
    昔、なんちゃら改革で、医者のインターンが研修大学を選べるようになり、地方の医科大学は研修生不足。
    なんとかしろよ。

  • 必殺通りすがり より:

    小泉進次郎氏のお父さん、小泉純一郎総理がやった構造改革の1つ、新医師臨床研修制度が医師の偏在を招いたとも言える。
    田宮二郎や唐沢寿明が演じたドラマ【白い巨塔】よろしく、大学には医局というヒエラルギーが存在し、医局が医師や研修医を地方を含む各病院に派遣していた。
    ところが新医師臨床研修制度というのは、研修医が自由に研修する病院を選べて、しかも国からお金も貰えるという代物。
    こうなると研修医もわざわざ地方のドサ廻りよりも、都会を選ぶのは自然の成り行き。
    封建制度のような医局から比べると天国のようなものかも知れないが、研修医の経験や自身の成長という観点ではどうなのであろうか。
    バイト先の病院での上の医師からの指導や気付き、僻地での医療実態を知る事は決してマイナスではないはず。
    さらには新看護師配置基準で、東京の大学が地方の優秀な看護師の卵をサルベージしてかっさらった事もあった。

    小泉・竹中改革は地方医療も崩壊させたトリガーてもあった。

  • 医者不足と単純に捉えて行くよりも、その病気自体は、病院に行かなくては、完治して行かないのかと考えた結果としては、自分自身のことを、自分により管理できて行かなくてはなりませんが、その中においては、「飽食」という課題が、最も大きく思えております。

    また、発達障害という括りで、精神障害を、地域において相互して、改善を行って行くというスローガンにおいては、医者のみならずに、一社会人として、それぞれが、分業して、物事の解決に向けて、心身身構えておかなくてはならないと思います。

    という意味では、情報を流通させて行くことや、単純に、相談相手に成り得て行くかどうかと捉えてい行った結果としても、病院に行かなくても解決して行くことは、捉え方として、それぞれが、工夫を凝らした考え方を模索して行かなくてはならないと思います。

    要するに、医師(いし)とは、医師(古来より、くすし)と捉えられて来た歴史においては、現段階として、官医、僧医、民間医(現医者)と捉えると、病気を治して行くことに対し、民間医(現医者)が、社会的ヒエラルキーにおいては、頂点に存在していること自体がどうなのかと、考えて行くべきであり、または、逆手に捉えると、官医、僧医の実力不足とも捉えられ、そのことについては、年齢における、それぞれの成長密度が足らないと、このように、解釈を加えて行くべきだと思います。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next