新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本政府がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退!来月から31年ぶりに商業捕鯨再開へ 衝突激化の恐れも

*IWC

 

日本、IWC脱退=31年ぶり商業捕鯨再開へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000000-jij-pol

日本は30日、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)から脱退した。
商業捕鯨再開を目指して反捕鯨国と議論を重ねてきたが、こう着状態が続き、将来の展望を描けないと判断したためだ。脱退に伴い、来月1日には日本の領海と排他的経済水域(EEZ)内で、31年ぶりにIWCが認めていない商業捕鯨の再開に踏み切る。


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
IWCでは他国から妥協案が提示されていたのに、それを蹴って日本政府は離脱を選んだわけで、日本政府の判断が正しかったのか議論の余地があります。反捕鯨団体の過激な活動は問題ですが、商業捕鯨ありきで議論を推進していた日本政府にも疑問があるという感じです。

議論が加熱して感情論的な流れになっている気配もあり、管理人としては安易な脱退には賛同できません。食品としてのクジラも需要が激減しているわけで、商業捕鯨の必要性を冷静に判断して欲しいところです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!