新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

参議院選挙の情勢調査、改憲勢力の3分の2議席は困難に!野党は乱立で伸び率が低迷 れいわ新選組は1~2議席


参議院選挙の中盤情勢調査が出揃いました。全体的に共通しているのは改憲勢力の3分の2議席は困難という部分で、与党と野党が僅差の地区も多いという点です。

ただ、野党は複数の政党が乱立している影響もあって、票の伸び率が低迷しており、最大野党の立憲民主党でも比例投票先としては12%に留まっていました。これに対して与党・自民党は組織票と地盤をシッカリと固めている傾向が見られ、朝日新聞社の調査でも35%が自民党を比例の投票先に挙げています。

更に参議院選挙への関心度も低く、「大いに関心がある」と答えた人は前回よりも低い18%となっていました。野党の中で台風的な存在として注目されている山本太郎氏のれいわ新選組は社民党とほぼ同じ水準で、今の状態だと1~2議席を獲得すると予想されています。
れいわ新選組が政党要件を満たすかはまだ怪しい状況で、比例3位の山本太郎氏が当選するかどうかは後半の伸び率に掛かっていると言えるでしょう。

 

比例投票先は自民35%・立憲12% 参院選、世論調査
https://www.asahi.com/articles/ASM7B3TGSM7BUZPS002.html

朝日新聞社は13、14の両日、参院選(21日投開票)に向けた全国世論調査(電話)を実施した。現時点での比例区投票先を聞くと、自民が35%(6月調査は40%)と最も多く、立憲民主は12%(同13%)。公明、共産、日本維新の会はいずれも6%だった。

<参院選>比例、自民31%に上昇 現政権での改憲反対51% 第2回トレンド調査
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201907/CK2019071402000126.html

 共同通信社は十二、十三両日、参院選の有権者動向を探る全国電話世論調査(第二回トレンド調査)を実施した。比例代表の投票先は、最多の自民党が前回調査(六月二十六、二十七日)と比べ2・2ポイント増の31・0%に上昇した。二位の立憲民主党は7・2%で1・8ポイント落とし、自民、立民の差が広がった。選挙区での投票先を「与党系候補」とした回答は0・9ポイント増の32・2%。「野党系」は1・5ポイント増えて21・8%だった。

安倍内閣の支持率は46・5%。前回より1・1ポイント減ったが、不支持率も3・8ポイント減り40・3%だった。安倍政権下での憲法改正に「反対」との回答は1・3ポイント増の51・4%。「賛成」は0・8ポイント減の34・2%だった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!