新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アイスランドの大規模な火山噴火、規制解除で見物客が殺到!溶岩でソーセージやポテトを焼いた学者も!


*アイスランド噴火
今月19日にアイスランド南西部のファグラダルスフィヤル火山で火山噴火が発生しましたが、周辺の交通規制が緩和されたことで見物客が火口周囲に集まっています。

ツイッターなどのSNSには火口周囲で撮影したと見られる画像や映像が複数見られ、中には溶岩でソーセージを焼いたと報告する学者も居ました。
また、ドローンを持ち込んで真っ赤に燃えている火山を近距離で撮影した人も居るほどで、ちょっとした観光スポットとなっています。

噴火が起きたのはアイスランドの首都レイキャビク近郊の火山で、この1ヶ月間に数万回の有感地震を観測。中にはかなり強い揺れを伴った地震もあり、地震の不安からストレスが溜まった住民らが息抜きに火口周囲の様子を見物していると地元メディアは報道していました。

現時点で爆発的な噴火が起きる可能性は低いとされていますが、それでも有感地震が多発して活動が強まっている火山に近付く行為はかなりハイリスクだと言えるでしょう。

 

火山噴火のドローン撮影

 

溶岩でソーセージ焼く研究者 アイスランド噴火
https://www.bbc.com/japanese/56492553

19日に噴火したアイスランドの首都レイキャヴィク近郊のファグラダルスフィヤル火山に、数千人もの見物人が押し寄せた。
噴火した場所は当初、立入禁止となっていたが、20日午後から解禁され、見学者が歩けるようになった。
火山のふもとでは、噴火を調査しながら溶岩でソーセージを焼く研究者の姿も見られた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!