ヘッドライン

【注意】台風6号が上陸へ!紀伊半島から東海・関東地方を通過!台風通過後は猛暑の予想に!8月末まで平年超える

*気象庁
7月27日から台風6号が本州に上陸します。27日朝6時の時点で紀伊半島の南側を移動中で、このままお昼にかけて東海地方に接近する見通しです。

気象庁によると、中心の気圧は1000ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。首都圏には27日夜から28日朝にかけて接近すると予想され、台風6号の通過後は猛烈な猛暑となりそうです。
27日夕方までに降る雨の量(24時間)は東海で180ミリ、近畿で150ミリ、関東甲信で100ミリとなっています。

台風6号の勢力はあまり強くないですが、それでも大雨による土砂災害や河川の増水、浸水には警戒が必要です。台風通過後の天気は8月末頃まで平年を超えるような猛暑日が続くことになりそうで、今から暑さ対策も考えておいたほうが良いかもしれません。

 

台風6号 紀伊半島に接近へ 土砂災害などに十分注意を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190727/k10012010451000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003


台風6号は、本州の南の海上を北へ進み、27日の朝には紀伊半島に接近する見込みです。近畿や東海、関東では非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は、土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。

8月は全国的に厳しい暑さ続く(気象庁1か月予報)
https://weathernews.jp/s/topics/201907/250165/


気象庁は25日(木)、7月27日から8月26日にかけての1か月予報を発表しました。
8月は前半を中心に夏の高気圧が日本列島を広く覆い、気温は全国的に平年よりも高くなりそうです。
遅い梅雨明けから一転して、厳しい暑さが続きます。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next