ヘッドライン

巨大地震の前兆?千葉沖M5.3⇒日向灘M4.3⇒三重県沖M6.5 北アルプス焼岳でも地震、列島全体が活発化!

*7日間で発生した日本の地震
ここ数日で日本列島の地震活動が活発化しています。7月25日に千葉県東方沖でマグニチュード5.3の強い地震を観測し、南海トラフ巨大地震の範囲内である日向灘沖でも27日にマグニチュード4.3。

そして、28日3時過ぎに三重県南東沖でマグニチュード6.5の深発地震(異常震域)を観測しました。28日の三重県沖地震は今年に発生した地震の中でも上位に入る規模で、短時間に強めの地震が太平洋側のエリアで頻発しているのは不気味だと言えるでしょう。

地震だけではなく、列島全体の火山活動も活発化している傾向が見られます。長野と岐阜の県境にある北アルプスの焼岳で、7月27日午後に空気の振動を伴う地震が3回も観測されました。熊本県の阿蘇山でも数日前に小規模な噴煙を観測しており、この1週間程度の期間に地震や火山活動が顕著に増加しているのです。

これらの地震が巨大地震の前兆を示す「前震」なのかは不明ですが、念の為に地震への警戒を強めにしておくと良いかもしれません。

 

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/


震源分布図
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/seismicity-map/7days/

北アルプス焼岳 空気の振動を伴う地震を観測
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190727/k10012011141000.html


長野と岐阜の県境にある北アルプスの焼岳で、27日午後、空気の振動を伴う地震が3回観測されました。山頂の状況は分かりませんが、過去に同じ現象があった際には小規模な噴気が確認されていることから、気象庁は噴火警戒レベル1を継続したうえで今後の活動に注意するよう呼びかけています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next