新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

防衛省が正式にF35Bの導入決定!空母化した護衛艦で運用、合わせて42機を購入へ 垂直離着陸で艦載機に!

*F35B
防衛省が正式にステルス戦闘機「F35B」を導入すると決定しました。

防衛省によると、空母化を予定している護衛艦「いずも」などで運用するための艦載機として、垂直に着陸できるアメリカ製のステルス戦闘機「F35B」を選定。導入する数は42機で、1機あたりの価格は約140億円となる見通しです。
既に自衛隊は対空戦闘に特化したF35系列の「F35A」を配備しており、F35Aのノウハウを流用できるとしてF35Bを高く評価していました。

ただ、F35BはF35Aと比べて戦闘力が弱い上に、整備面も非常に複雑化していることから、管理維持面で負担が増大することになりそうです。

 

「空母化」護衛艦で運用する戦闘機はF35Bに 防衛省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190816/k10012038551000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

防衛省は、事実上「空母化」する海上自衛隊の護衛艦での運用を想定する戦闘機として、短い滑走路で離陸し、垂直に着陸できるアメリカ製の最新鋭のステルス戦闘機「F35B」を選定したと発表しました。防衛省では、合わせて42機を購入する計画です。

去年12月に策定された防衛計画の大綱と中期防衛力整備計画には、短い滑走路で離陸し、垂直に着陸できる戦闘機を導入する方針が盛り込まれていて、防衛省は、ことし3月から機種の選定作業を進めてきました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!