新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米中が追加関税を同時発動!アメリカは中国の輸入品3200品に15%、中国の7割近くが対象!中国も輸入品1700品に!


米中貿易戦争が激化しています。

9月1日にアメリカと中国は同時に追加の関税装置を発動しました。アメリカは中国からの輸入品3200品(1100億ドル分)を対象にして、15%の追加関税を上乗せすると発表。中国側もアメリカに対抗して、アメリカからの原油や大豆など1700品目余りの輸入品に最大10%の関税を上乗せする対抗措置を発動しました。

アメリカのトランプ大統領は記者会見で「中国にこれ以上、不当に利益を奪われるわけにはいかない」と述べ、中国は暴利を貪っていると批判。中国の方も自由貿易を侵害する行為だとして、今後も追加の対応を検討していると表明しています。
アメリカと中国の貿易戦争は終息の気配がなく、市場も追加関税に売りが売りを呼ぶ展開になっているところです。

 

米中 経済分断の懸念も 関税上乗せ措置の同時発動で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190902/k10012059631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005


アメリカと中国は1日、互いの輸入品に対する追加の関税措置を同時に発動しました。貿易摩擦の長期化を受けて米中両国の間では、経済が分断されることへの懸念も高まっています。

アメリカのトランプ政権は日本時間の1日午後、中国からの輸入品3200品目余り、金額にしておよそ1100億ドル分に15%の関税を上乗せする制裁措置を発動しました。これによって、対象は中国からの輸入額の7割近くに達しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!